1. ホーム>
  2. 暮らし・手続き>
  3. 税金>
  4. 市税>
  5. 個人市民税>
  6. 市民税・県民税(住民税)

市民税・県民税(住民税)

市民税は、一般に県民税とあわせて住民税(市県民税)と呼ばれ、前年1月1日から12月31日までの所得金額等に応じて課税となる税金です。
県民税は、市民税と一緒に納めていただいた後、市から県へ送金します。

納税義務者(市民税・県民税を納める人)

その年の1月1日現在、白河市に住民登録があり、前年に所得がある方 (1月1日現在の住民登録がある市区町村で課税)。
また、住民登録がなくても市内にお店や事務所などをお持ちの場合は、均等割が課税されます。

(1)白河市に住民登録がある方=均等割と所得割がかかります。
(2)白河市に住民登録はないが、市内にお店や事務所をお持ちの方=均等割のみかかります。

市民税・県民税が課税されない方

均等割も所得割もかからない方
・生活保護法によって生活扶助を受けている方
・障がい者、未成年者、寡婦または寡夫で前年中の所得金額が125万円以下の方
均等割がかからない方
前年中の所得金額が28万円以下の方は非課税となります。
ただし、扶養者がいる場合、その人数により非課税の金額が加算されます。
・扶養者がいない場合: 所得金額が280,000円以下
・扶養者がいる場合: 所得金額≦280,000円×(本人+控除対象配偶者+扶養親族の合計数)+168,000円
(例)妻、子ども2人扶養の場合: 280,000円×4(人)+168,000=1,288,000円(1,288,000円以下は均等割非課税)
所得割がかからない方
前年中の所得金額が35万円以下の方は非課税となります。 ただし、扶養者がいる場合、その人数により非課税の金額が加算されます。
・扶養者がいない場合: 所得金額が350,000円以下
・扶養者がいる場合: 所得金額≦350,000円×(本人+控除対象配偶者+扶養親族の合計数)+320,000円
(例)妻、子ども2人扶養の場合: 350,000円×4(人)+320,000=1,720,000円(1,720,000円以下は所得割非課税)

税額の計算方法

市県民税(住民税)には「均等割」と「所得割」があります。
均等割額と所得割額を合算したものが年税額です。

均等割とは

均等割は、みなさまに等しく納めていただく種類の税です。 
※一定の金額を超える所得がある場合は課税されます。
※市外にお住まいの方でも、市内にお店や事務所をお持ちの方は課税されます。

種類税額
市民税 3,500円
県民税 2,500円
年税額 6,000円

※県民税のうち、1,000円は「森林環境税」として、森林環境保全のために使われます。また、均等割については均等割税率の改正をご覧ください。

所得割とは

所得割額は、前年中(1月1日から12月31日)の所得に応じて負担していただくもので、 次の計算式で算出します。

1

収入金額-収入から差し引かれる金額=所得金額

 収入金額

  • 給与所得者の場合には、給料など
  • 国民年金法等に基づき支払を受けた年金など
  • 物品の販売業の場合には、売り上げ、雑収入など
  • 不動産の貸付けの場合には、家賃、地代など
  • 生命保険契約等に基づき支払を受けた一時金

収入から差し引かれる金額

  • 給与所得控除
  • 公的年金等控除
  • 必要経費(事業所得などの場合)
  • 支払を受けた一時金に対して支払った保険料または掛金

矢印

2

所得金額-所得から差し引かれる金額(所得控除)=課税される所得金額 (課税所得額)

矢印

3

市民税

課税所得額×6%

=所得割額

県民税

課税所得額×4%

矢印

4

均等割額+所得割額-税額控除調整控除=年税額

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは税務課 市民税係です。

〒961-8602 福島県白河市八幡小路7-1

電話番号:0248-22-1111【内線 : 2117・2118・2119・2120】 ファックス番号:0248-23-1251

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る