1. ホーム>
  2. 暮らし・手続き>
  3. ごみ・リサイクル・環境>
  4. 騒音・公害・汚染対策>
  5. 白河市の微小粒子状物質(PM2.5)の状況

白河市の微小粒子状物質(PM2.5)の状況

最近ニュースなどで報道されている微小粒子状物質(PM2.5)の問題について、市の状況をお知らせします。

微小粒子状物質(PM2.5)とは

大気中に漂う粒径2.5μm(1μm=0.001mm)以下の小さな粒子のことです。PM2.5は粒径が非常に小さいため(髪の毛の太さの1/30程度)、肺の奥深くまで入りやすく、肺がん、呼吸系への影響に加え、循環器系への影響も懸念されています。

環境基準

環境省では、以下のとおり環境基準を定めています。

1年平均値  15μg/m3以下かつ
1日平均値  35μg/m3以下

短期的に環境基準を超えたとしても、直ちに健康に影響が生じると考えるべきではないとされています。

市の測定の状況

微小粒子状物質(PM2.5)の測定は、県立白河旭高等学校にある測定施設で行っています。測定値は県のホームページで公開しています。

詳細についてはこちらをご覧ください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは環境保全課 環境衛生係です。

〒961-8602 福島県白河市八幡小路7-1

電話番号:0248-22-1111【内線 : 2164・2165】 ファックス番号:0248-27-0775

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る