農産物の放射性物質検査結果

平成24~28年産米の全袋検査結果

平成24年産米から放射性セシウム濃度の基準値が厳しくなり、1キログラムあたり100ベクレルになっています。

基準値を超える米を出荷・流通させず、消費者のみなさまに安全な米をとどけるため、福島県全体で米の全袋検査を実施しています。

この検査結果については、「ふくしまの恵み安全対策協議会」の放射性物質検査情報により確認できます。

ふくしまの恵み安全対策協議会ホームページ(外部リンク)

白河市が実施した農産物の放射能測定結果(出荷用農産物)

白河市で生産された農産物や、市内に出荷する予定の農産物について、農政課の簡易放射能測定器により分析した結果をまとめましたので、添付ファイルをご覧ください。

(最新の測定結果については、最上段のファイルをご覧ください)

  • 平成24年4月からの新基準では、セシウム134とセシウム137の合計値が100ベクレル/キログラム以下のものが出荷流通できます。
  • 市では、たけのこ、たらのめ(野生のものに限る)、こしあぶら、野生のきのこについては、あらかじめ「出荷制限」がかかっております。
区分 品目 該当市町村 制限内容
  山菜 たけのこ 白河市、西郷村 出荷
たらのめ(野生のものに限る) 白河市、西郷村、泉崎村、塙町、鮫川村 出荷
わらび 鮫川村 出荷
こしあぶら 白河市、西郷村、泉崎村、中島村、矢吹町、棚倉町、矢祭町、塙町、鮫川村 出荷
 きのこ 野生きのこ(菌根菌類・腐生菌類) 棚倉町 摂取・出荷
白河市、西郷村、泉崎村、中島村、矢吹町、矢祭町、塙町、鮫川村 出荷

※出荷が制限されている品目については、自主検査の結果、食品中の放射性セシウム基準値100ベクレル/キログラム以下であることを確認した場合でも出荷することはできません。

※出荷が制限されている品目は、加工用の原材料として使用することもできませんので、ご注意ください。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは産業部 農政課 農業振興係です。

〒961-8602 福島県白河市八幡小路7-1

電話番号:0248-22-1111【内線 : 2224・2225】 ファックス番号:0248-24-1844

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る