1. ホーム>
  2. 子育て・健康・福祉>
  3. 子育て>
  4. こども医療費助成

こども医療費助成

こどもの外来および入院に係る医療費(保険診療分一部負担金)を助成しています。

医療費助成の対象者および登録方法等について

対象者 市内で、18歳(出生の日から18歳に達する日以後の最初の3月31日)までのこども。
助成を受けるには、資格登録申請が必要です。
登録申請に必要なもの

・こども医療費受給資格登録申請書
・印鑑(スタンプ式不可)
・被保険者証の写し(こどものもの)
・金融機関通帳の写し(保護者の方名義のもの)
・所得課税証明書(就学前の申請。平成27年1月1日現在、保護者の住所が白河市になかった場合は、当時の住所地で平成27年度の所得課税証明書を取得し添付してください)

(注1)「保護者」とは、通常こどもの扶養者(父または母)になりますが、扶養者の住所が市外の場合は、市内でお子様の面倒を看ている父または母が保護者になります。
(注2)白河市国民健康保険に加入している方は、申請の必要はありません。
(注3)「付加給付」とは、保険診療分一部負担金が一定額を超えた場合に保険者から支給される給付金のことです。

申請先 本庁こども支援課、各庁舎地域振興課、各行政センター
助成範囲 助成範囲は、保険診療分一部負担金および入院時の食事代です。

医療費助成の方法について

医療費の助成は、保険診療分一部負担金の額や受診した地域により、窓口での負担が無い現物給付や、一度自己負担で支払った後に、市へ助成申請する償還払いにより行われます。

社会保険等にご加入の方

 現物給付(窓口での負担無し)償還払い(窓口での負担有り)
対象 市および西白河郡内の医療機関等で受診し、保険診療分一部負担金が月額21,000円未満の場合。 ・市および西白河郡以外の医療機関等で受診した場合。
・保険診療分一部負担金が月額21,000円以上の場合。
助成方法 医療機関等の窓口で社会保険等の「被保険者証」および「こども医療費受給資格者証」を提示してください。 「こども医療費助成申請書」に必要事項を記入し、申請書内に、医療機関等から対象となる医療費の証明を頂くか領収証を添付して、本庁こども支援課、各庁舎地域振興課または各行政センターに提出してください。

白河市国民健康保険にご加入の方

 現物給付
(窓口での負担無し)
償還払い(窓口での負担有り)
対象 県内の医療機関で受診した場合 ・県外の医療機関で受診した場合。
・入院時の食事代。
助成方法 医療機関等の窓口で国民健康保険被保険者証を提示してください。 ・県外でかかった保険診療分一部負担金は、本庁国保年金課、各庁舎地域振興課または各行政センターに申請してください。
・県内外問わず入院時の食事代は、「こども医療費助成申請書」に必要事項を記入し、申請書内に医療機関等から対象となる食事代の証明を頂くか領収証を添付し、本庁こども支援課、各庁舎地域振興課または各行政センターに提出してください。その際、振込先の口座を申し出てください。

こども医療費助成申請書提出時の注意事項

(注1)申請は、月別、医療機関別、入院・外来別、こども別に行ってください。また、申請の受付は診療月の翌月以降になります。

(注2)毎月20日までに申請のあった医療費(入院時の食事代を含む)を翌月25日(25日が土・日・祝日の場合は繰り上げ)に口座振込いたします。

(注3)医療機関等で受診した時から5年間申請をすることができます。

高額療養費の取り扱いについて

1か月の保険診療分一部負担金が一定の金額(自己負担限度額表参照)を超えた場合に医療費が払い戻される高額療養費制度があります。この制度の対象になる場合は、ご加入の保険者で高額療養費の手続きをしてください。社会保険等にご加入の方は、「高額療養費支給決定通知書」が届いた後、 支給決定通知書を添え、上記の手順で助成申請を行ってください。対象となる医療費から、高額療養費を差し引いた差額分を助成します。

自己負担限度額表(月額)

(イ)平成26年12月診療分まで

区分所得要件年3回まで年4回目以降
A 上位所得者 150,000円+(医療費-500,000円)×1% 83,400円
B 一般 80,100円+(医療費-267,000円)×1% 44,400円
C 住民税非課税世帯 35,400円 24,600円

(ロ)平成27年1月診療分から

区分所得要件年3回まで年4回目以降
標準報酬月額83万円以上 252,600円+(医療費-842,000円)×1% 140,100円
標準報酬月額53~79万円以上 167,400円+(医療費-558,000円)×1% 93,000円
標準報酬月額28~50万円以上 80,100円+(医療費-267,000円)×1% 44,000円
標準報酬月額26万円以上 57,600円 44,000円
住民税非課税世帯 35,400円 24,600円

(注1) 自己負担限度額に達しない場合であっても、同一月内に同一世帯で21,000円以上の自己負担が複数あるとき、または、同一人が同一月内に2つ以上の医療機関にかかり、それぞれの自己負担額が21,000円以上あるときは、これらを合算して自己負担限度額を超えた金額が支給されます。
(注2) 同一世帯で1年間(直近12か月)に3回以上高額療養費の支給を受けている場合は、4回目からは自己負担限度額が変わります(多数該当)。

付加給付金の取り扱いについて

保険者によって、1か月の保険診療分一部負担金が一定額を超えた場合、付加給付金が支給されることがあります。ご加入の保険者で付加給付金の手続きをしていただき、「付加給付金支給決定通知書」が届いたら、支給決定通知書を添えて、上記の手順で助成申請を行ってください。対象となる医療費から、付加給付金を差し引いた差額分を助成します。

受給資格登録後に変更が生じたら

次のような場合は、本庁こども支援課または各庁舎地域振興課まで届出をお願いします。

場合届出に必要なもの
加入保険が変わったとき こどもの被保険者証
※変更後の加入保険が全国健康保険協会以外の場合は、付加給付証明が必要です。
保険の扶養者が変わったとき 変更後の扶養者(保護者)で受給資格登録申請を行ってください。
*変更後の保護者名義の通帳・印鑑をお持ちください。
振込金融機関を変更したいとき 保護者名義の金融機関の通帳、印鑑
住所、氏名が変わったとき こども医療費受給資格者証
受給資格者証を紛失したとき こどもの被保険者証、印鑑
市外へ転出するとき こども医療費受給資格者証

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはこども支援課 支援係です。

〒961-8602 福島県白河市八幡小路7-1

電話番号:0248-22-1111【内線 : 2733・2734】 ファックス番号:0248-23-1255

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る