1. ホーム>
  2. 市政情報>
  3. 政策・行財政・計画>
  4. 行政改革>
  5. 白河市の行政評価について

白河市の行政評価について

白河市では、「市民から信頼される行政運営の推進」を図るために、行政評価システムを導入しています。

1.内容

「行政評価」とは、市民ニーズに基づくより良いサービス(事業)を効果的・効率的に提供するため、施策や事務事業の効果について目標(意図)を分かりやすい形で示し、目標に対する達成状況等を客観的に評価・検証し、その評価結果を市民の皆様に公表するとともに、次年度の行政経営(事務改善・予算編成)の企画・立案に反映させていこうとするものです。
すなわち、これまでの一般的な行政活動であった「Plan(計画)」⇒「Do(実行)」の流れに「Check(評価)」⇒「Action(見直し・改善)」を取り入れて「マネジメントサイクル」を確立し、継続的な事務改善を図るための手段です。

『行政評価・従来の仕組み』の画像
『行政評価・PDCAマネジメントサイクル』の画像

2.目的

  1. 事業効果の検証と成果重視の行政への転換
    事務事業ごとに明確な目標を設定し、それぞれの事務事業がどの程度具体的に目標に即しているか、事業を成果の視点からチェックすることで、効果的かつ効率的な事業への改善を図ります。
  2. 適正事業の選別による行政資源の有効活用
    社会経済情勢や市民ニーズの変化を踏まえ、不要不急な事業を積極的に見直すことにより、行政資源の有効活用を図ります。
  3. 市民への説明責任の徹底と行政活動の信頼性向上
    評価結果の公表により、行政活動の向上を図るとともに、市民への説明責任を果たし、市民の行政への理解や共通認識を深めます。
  4. 職員の意識改革・能力の向上
    評価を通して、職員の「目的意識」や「コスト意識」の醸成及び政策形成能力の向上を図ります。

3.種類

行政活動のレベルは、「政策」「施策」「事務事業」の区分で考えられます。
政策とは、大局的な見地から、市が目指すべき方向や目的を示すものであり、概ね自治体が示す基本構想の大きな柱に相当するものです。
施策とは、「政策」という上位目的を達成するための個々の方策です。ひとつの政策は、複数の施策によって構成・組織され、その各施策目的が達成されることにより政策が達成されるという関係にあります。
事務事業とは、施策目的を達成するための具体的な手段です。事務事業は、いわゆる予算事業に止まらず、自治体が関与する全ての仕事(お金や人などの行政コストを投入しているもの)となります。上記と同様に、ひとつの施策は、複数の事務事業によって構成・組織され、その各事務事業の目的が達成されることにより、施策が達成されるという関係にあります。
このように行政活動のレベルに応じて、行政評価は以下の三つに分類できます。

  1. 政策評価
    住民の満足度に注目し、行政全体の政策形成・遂行が最適な状況にあるかどうか、政策過程に求められるこれらの活動全体を評価することです。市民の暮らしと行政経営をめぐる重要課題について、市民の皆様に分かりやすく説明することを主眼としています。
  2. 施策評価
    政策評価が行政全体の活動を評価するのに対して、施策評価は各行政分野ごとの施策体系の最適化を形成・選択していくシステムです。地方公共団体では、基本計画や実施計画によって事業が体系化されており、この体系化された事務事業をある程度の規模で括ったものを「施策」として評価することです。翌年度に重点的に実施する事業の選定・構築に活かすことを主眼としています。
  3. 事務事業評価
    現在、多くの自治体で導入している手法で、個々の事務事業について、その事業収支や効率性などを検討し、事業効果があるかどうかを評価・検討することです。限られた財源の中で、より効果的・効率的な事業の見直し・改善を図ることを主眼としています。
『行政評価・行政評価の種類』の画像

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは企画政策課です。

本庁舎3階 〒961-8602 福島県白河市八幡小路7-1

電話番号:0248-22-1111 ファックス番号:0248-27-2577

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る