1. ホーム>
  2. 市政情報>
  3. 政策・行財政・計画>
  4. 行政改革>
  5. 白河市第1次行政改革について

白河市第1次行政改革について

行政改革に取り組んでいます!

白河市第1次行政改革の取組み

平成16年12月24日、「今後の行政改革の方針」が閣議決定され、これに基づき各地方公共団体に対し、「地方公共団体における行政改革の推進のための新たな指針」が示されました。

この中で、各地方公共団体は行政運営全般について不断の点検を行いつつ、指針を踏まえ新たな行政改革大綱の策定又は見直しを行い、さらに大綱に基づき具体的な取り組みを集中的に実施するため、事務事業の整理・再編、廃止・統合や民間委託等の推進など、いくつかの項目について今後5年間の具体的な取り組み内容及びスケジュールを明らかにしたもの(これを国においては「集中改革プラン」という)を策定・公表することとされました。

以上のことを受け、市では、平成18年11月に学識経験者や公募委員など、市民の代表者で構成する白河市行政改革懇談会(第1期)を設置し、審議を重ねるとともに、市の行政改革の取り組み全般について明らかにした「白河市行政改革大綱」、ならびにこの大綱に基づき改革を推進するための基本的な取り組み内容を示した「行政改革実施計画策定基本方針」を平成19年3月に策定いたしました。

さらに、平成19年6月には新たに白河市行政改革懇談会(第2期)を設置し、同様に審議を重ねるとともに、基本方針に基づく行政改革の取組項目について、具体的な改革の内容及び改革のスケジュールを明らかにした「白河市行政改革実施計画(集中改革プラン)」を同年12月に策定したところであります。

この実施計画の推進状況(実績)については、行政改革推進本部を中心とする庁内組織や、20年8月に設置した市民の代表で構成する白河市行政改革推進委員会へ適宜報告し、意見や助言を受けながら進行管理を行っています。

なお、実施計画の推進状況については、ホームページで公表しています。

白河市行政改革大綱及び行政改革実施計画(集中改革プラン)

計画期間

平成19年度から平成23年度までの5年度間

計画の概要

行政改革大綱に掲げている7つの主要課題

  • 簡素で効率的な組織機構の構築
  • 職員の意識改革と人材育成
  • 定員管理・給与等の適正化
  • 事務事業の整理合理化
  • 市民との連携・協働
  • 電子自治体の推進と市民サービスの高度化
  • 経費の節減合理化等財政の健全化

これらについて、「簡素・効率化」「公正・透明性」「サービスの維持向上」の3つの視点から改革を推進することとし、7つの主要課題を16項目に分割し、さらに積極的かつ計画的に取り組むため45の具体的な取組項目を掲げています。

具体的な計画

  1. 白河市行政改革大綱
  2. 行政改革実施計画策定基本方針
  3. 白河市行政改革実施計画(集中改革プラン)

白河市行政改革実施計画(集中改革プラン)推進状況 ※実績報告

  1. 平成19年度進行管理表
  2. 平成20年度進行管理表
  3. 平成21年度進行管理表
  4. 平成22年度進行管理表
  5. 平成23年度進行管理表

その他

行政改革は、実施計画に掲載している項目のみを推進すればよいというわけではありません。実施計画掲載以外の項目についても、大綱及び実施計画に謳っている目的・視点を踏まえ、積極的に改革・改善を実行していきます。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは企画政策課です。

本庁舎3階 〒961-8602 福島県白河市八幡小路7-1

電話番号:0248-22-1111 ファックス番号:0248-27-2577

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る