大信地域協議会情報No.13

第3回大信地域協議会

第3回大信地域協議会

日時:平成20年5月1日(木)午後3時~

会場:大信環境改善センター

1.開会

2.市長あいさつ

3.会長あいさつ

4.職員紹介

5.協議事項

1.平成20年度大信地域において取り組む主な事業について

各課長より説明

総務課について

委員

「田園町府ニュータウン」は売れ残りが何区画あるのか。売るために今まで何か努力しているのか。

総務課長

現在17区画残っている。4月26日と27日に、郡山のビッグパレットで行われたイベントでPRをしてきた。7月には、首都圏からのバスツアーや現地見学会を予定している。他には首都圏の新聞掲載、埼玉でのPRなどをしてきた。

委員

民間企業と連絡を密にし、そこで働く人たちに紹介したら良いのではないか。金額を下げるという案は出ているのか。

区長

表郷では金額を去年引き下げた。大信では、既に売った人とのバランスをとるために下げなかった。

事業課について
委員

「地域住民活動支援促進施設建設事業」について、県からの補助はないのか。

事業課長

補助はない。県も財政が厳しくなっている。

委員

「ふるさと川まつり実行委員会補助金」はなぜ減額されているのか。

事業課長

それぞれの地区で減らされている。

委員

「農地・水・環境保全向上対策事業」について、これからも新規事業はできないか。ある程度の住民には知らせてほしい。

事業課長

昨年、惣代会で説明をした。4分の1は市の負担になるので、全地域は難しい。

教育振興課について

委員

今年の「権太倉山山開き」は何人参加して、いくら集まったのか。

教育振興課長

中学生以上一人につき500円で、320名参加。総額16万円になった。緑の少年団は3小学校合せて121名参加。名簿記載者は、緑の少年団を含めて全部で約600名。受付をしていない参加者が約100名いた。

委員

「放課後子ども教室」は二小のみなのか。

教育振興課長

二小のみ放課後児童クラブとタイアップして実施している。他の児童クラブについては今まで通り実施している。

委員

対象が小学校3年生までだと、共稼ぎの親たちが困っている。4年生から6年生もぜひ対象にしてほしい。

教育振興課長

家庭の事情があれば、やむを得ない。学校の管理もあるが、保護者の希望として考えて行きたい。指導員が少ない中で面倒をみるのは大変だが、学校とタイアップしながらやっていきたい。

2.大信庁舎各課等の当面する課題について

―各課長より説明―

3.白河市地域づくり活性化支援事業補助金について

―総務課より説明―

4.その他

委員

我々の発言が受け入れられたと地域に話せるように尽力してほしい。

区長

市長あいさつにもあったように、合併で地域を大切にするために地域協議会を設けた。合併を成功に導いていくことが地域協議会の役割であると思っている。課題を庁舎と委員の皆様で解決できるよう意見をいただいて、解決に結び付けるのが我々の役割と思っている。私どもが気付かなかったような意見が出ることを期待している。

会長

今までは、市から説明があり、地域協議会で話し合い、解決をしてきた。これからは、今までの立場と逆にしたい。先に地域協議会委員で集まり、そこで出た意見を市に提示する方が良いと考えている。

6.現地案内

保育園建設予定地→国営隈戸川地区農業水利事業工事箇所

→国道294線町屋工区→旧信夫中学校跡地

7.閉会

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは大信地域振興課 総務係です。

〒969-0392 福島県白河市大信町屋字沢田15-1

電話番号:0248-46-2111 ファックス番号:0248-46-2409

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る