大信地域協議会情報No.20

第3回大信地域協議会

日時:平成21年9月17日(木)午後6時30分~

会場:大信農村環境改善センター

出席者

地域協議会委員:12名出席
大信庁舎関係職員:7名出席

大信地域協議会情報No20

1.開会

2.会長あいさつ(会長欠席の旨報告した後、副会長代理であいさつ)

3.区長あいさつ

4.協議事項

1.白河~天栄間路線バスに関しての協議について

事務局説明
委員

弱者切り捨てになることなので、軽々しく意見を述べることは出来ない。

委員

現時点での利用者に関する調査結果が出てから検討してはどうか。

委員

運行時間や経路のアクセスについても検討に入れないといけない。

委員

まず、朝一番と昼に対応出来るようにする方策が必要である。

委員

調査を行って結果が出てからでないと意見も出すことが出来ない。

委員

デマンド交通などの利用も検討することが必要だ。

委員

矢吹の路線バスの時もコース変更など地域の要望を聞いたが、結果としては減便となり廃止となった。

委員

大型バスでなくても良いのではないか。

委員

福島交通ばかりでなく、その他のバス(ジャスコなどのバス)の運行についても大信地区を回るように要望してはどうか。

委員

厚生病院のバスは大信地区を巡回しない、その代わり福島交通では厚生病院の玄関まで回るようにしたはずだ。

副会長

バス路線に関しては、ここで結論を出すというのではなく、あくまでも皆さんからの意見を伺うという場と考えている。今回出た意見について事務局で整理し、本庁につないでいただきたいと考えている。

事務局

今回の話だけで決定するということではない。今回の内容を本庁に伝えて、今後の交通計画、天栄村との話し合いの中で生かしていただくようにする。バス路線の変更などについては、白河市としての案が出来た段階で再度、皆さんにお示しすることになると考えている。その際には利用実態についての調査結果もお示し出来ると考えている。

2.大信地域協議会の視察研修について

事務局説明

研修日程が11月24日(火)、場所が喜多方市山都町特例区、利用バスや当日の行程を説明し了承を頂き原案の通り実施することが決定した。

3.田園町府分譲地販売価格の引き下げの現況について

事務局説明

市としては減額して販売するとの方針であったが、3回開催した現地説明会で理解を得ることが出来なかったこと、その経過と説明会での意見、その内容、アンケート調査の結果等から判断し、現状価格での販売をせざる得ないとの結論に至り、第4回目の説明会(9月11日)で値下げをして販売する方針を白紙撤回したこと。さらに、今後の販売について市としての考え方等について説明し理解を得る。

4.白河市地域協議会等連絡協議会研修会について

事務局説明

9月27日(日)の研修会について説明し、出席出来る委員さんを確認。

5.その他

光ファイバーへの取り組みの現在の状況を説明し、NTT単独による導入は平成24年度以降になる予定であること。なぜそのようになったかの経過について説明を行い報告としたが、全員から納得いかない旨の発言が多くあった。区長から、国の政策による影響であり、今後は出来るだけ早く導入してもらえるよう機会あるごとに働きかけていくことが大切なので、理解いただきたい旨の発言を得て了承を得る。

6.閉会

大信地域協議会情報No20_2

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは大信地域振興課 総務係です。

〒969-0392 福島県白河市大信町屋字沢田15-1

電話番号:0248-46-2111 ファックス番号:0248-46-2409

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る