大信地域協議会情報No.31

第2回大信地域協議会

平成24年5月23日(水)午後6時00分より、白河ゴルフ倶楽部(研修室)において、第2回地域協議会が行われました。

出席者

地域協議会委員:11名
事務局職員:7名

1.開会

2.会長あいさつ

3.大信振興事務所長あいさつ

4.議事(協議会長が進行)

大信地域協議会情報No.31

1.平成24年度白河市当初予算の概要について

事務局より、予算編成の重点事項、予算の性質別・目的別内訳について説明がありました。

委員

震災復旧関係で石久保団地から外面までの歩道内の舗装面等が荒れていて小学生、中学生の自転車通学が危険であるが復旧はいつになるのか。

事務局

本庁の下水道事業で復旧する予定です。

2.平成24年度大信庁舎の執行体制概要について

(大信庁舎各担当課長より説明) 

委員

市民福祉課防災無線維持管理事業について、防災無線の雑音がひどく、また故障している機器の修繕や新しい機器との交換を速やかに出来ないか?

事務局

戸別受信機は設置後30年経過しており、故障などあった場合には業者に修繕依頼をして修繕が不可能な場合には新しい受信機を設置していくことになっています。市で予算化し順次交換していく計画ですが、予算付けが難しく一度に多くの台数を交換できない状況です。皆さんの要求を踏まえて補正予算で要求していく方法をとっており、ご迷惑をお掛けしますがご理解をお願いします。

委員

外面で火事があったが、防火水槽の場所がわからず初期消火に手間取った。防火水槽の上に駐車されていたことも原因だったが防火水槽の位置を示す看板、駐車禁止にするなどの対策が必要ではないか。中沢住宅団地には消火栓もなかった。地域消防隊委員が消火栓、防火水槽の場所がわからないなど、緊急時における水利等の引き継ぎもなされていなかったので消防団での教育が必要ではないか。

他の委員の意見
  • 車を駐車する者のモラルの問題でもあるが防火水槽の標識が古いため夜間だと気づけないようである。消火栓を学校の体育館側に設置できないか、そうすれば小学校、中沢住宅団地内、中沢団地をカバーできると思う。
  • 消防団の立場からだが、防火水槽の看板が錆びていて何が書いてあるかわからない状態ではあった。表示看板等の設置による一般的周知効果を図ることや、各消防班に対して消火栓、防火水槽の市を徹底させるよう消防団で取り組んでいく。水利確保のため、各小学校のプールの鍵を消防団で預かることは可能か。
  • 可搬式のポンプを入れてもホースがフェンスで折れて放水できなかったことがある。道路側に簡易的な扉を設けてあるが鍵で施錠されているため緊急時にどう対応できるか不明である。
  • ポンプを入れられる、ホースを出せるような構造になっているか消防団がわかっていなければいざという時に何にもならない。確認してもらいたい。
  • 情報の連絡系統、連絡網を整備し、報告しなくてはならないのではないか。
  • 対応マニュアル、緊急時の対策など、防災対策の再検討をしたほうがよいのではないか。
事務局

プールの鍵の件については伺っています。6月4日に校長園長会議を開いて協議し、校長の承諾を得たい考えです。

会長

行政で行うもの、消防団が行うもの、地域住民が行うもの、その辺を整理し周知していくようお願いする。

3.平成24年度白河市放射線除染計画について

(事務局より説明)

委員
  • 除染に関することについては、任期2年間の中で協議会として積極的に取り上げ継続的に協議していく課題となると考えています。
  • 仮置き場の保管期間が3年間となっていますがその後どうなりますか?
事務局

国の中間貯蔵施設が完成すれば、すべてそちらの施設に運ぶようになります。

5.閉会

※終了後、市長を交えての交流会を行いました。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは大信地域振興課 総務係です。

〒969-0392 福島県白河市大信町屋字沢田15-1

電話番号:0248-46-2111 ファックス番号:0248-46-2409

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る