1. ホーム>
  2. 暮らし・手続き>
  3. 国保・年金>
  4. 国民健康保険>
  5. 給付>
  6. 国民健康保険一部負担金の減免制度

国民健康保険一部負担金の減免制度

令和元年台風第19号による被災者に係る一部負担金免除の実施について

 この度の台風第19号により被害を受けられました皆さま方には、心からお見舞い申し上げます。

 白河市では、今回の台風第19号による被災者の国民健康保険の一部負担金(窓口負担)免除の取り扱いを実施します。(令和2年1月末まで)

対象者

1 住家の全半壊、全半焼、床上浸水又はこれに準ずる被災をした者

(罹災証明書の提示は必要ありませんので、窓口で口頭で申告してください。)

2 主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負った者

3 主たる生計維持者の行方が不明である者

4 主たる生計維持者が業務を廃止し、又は休止した者

5 主たる生計維持者が失職し、現在収入がない者

※この免除を受けるには、上記1〜5のいずれかに該当する必要があることから、医療機関等の窓口でご申告いただいた内容について、後日、市より確認が行われることがあります。

※入院時の食費、差額ベッド代、保険外診療は対象外です。

※ご不明な点があれば、下記までお問い合わせください。

 

 

【台風第19号による被災以外の通常の一部負担金減免制度は下記のとおりです】

対象となる世帯

  1. 震災、風水害、火災などの災害により死亡、もしくは心身に著しい障がいをうけたとき、または資産に重大な損害を受けたとき
  2. 干ばつ、冷害、凍霜雪害などによる農作物の不作、その他これらに類する理由により収入が著しく減少したとき
  3. 事業もしくは業務の休廃止または失業(自発的失業や定年退職を除く)などにより収入が著しく減少したとき
    ※上記の事実が発生した日の属する月から1年を経過したときは対象になりません。

減免の基準

  1. 実収月額(生活保護法の規定による保護の要否判定に用いられる収入認定額)が基準生活費(生活保護法による保護の基準に規定する生活扶助基準、教育扶助基準及び住宅扶助基準を用いて算出した額で、一時扶助に係るものなどを除く)の130%以下のとき
  2. 災害により居住する家屋が半壊または半焼以上の損害を受けたとき

申請に必要なもの

  1. 減免等申請書
  2. 同意書
  3. 収入申告書
    (1)給与明細書(給与収入者:減免申請月前3か月分)
    (2)年金振込通知書
    (3)確定申告の写しなどの収入が分かる証明書
    (4)世帯全員の預貯金通帳など
  4. 資産申告書
  5. 家賃・地代等証明書
  6. 印鑑
  7. 罹災証明書、失業または事業を休廃止したことを証明するもの
  8. その他、市長が必要と認める書類

減免の割合、申請書類など、詳細は下記までお問い合わせくだい。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは国保年金課 国保係です。

〒961-8602 福島県白河市八幡小路7-1

電話番号:0248-22-1111【内線 : 2172・2173・2176】 ファックス番号:0248-24-5525

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る