1. ホーム>
  2. 市政情報>
  3. 入札・契約>
  4. 入札情報>
  5. 東日本大震災に伴う市発注工事等の前金払の取り扱い

東日本大震災に伴う市発注工事等の前金払の取り扱い

 東日本大震災に伴い地方自治法施行令及び同法施行規則が改正されたことから、市が発注する工事等の請負契約に係る前金払について、次のとおり取り扱うこととしました。

1.契約における前金払の割合の変更

 工事請負契約における前金払の割合を、請負金額の「4割以内」から「5割以内」に、工事に係る測量等の業務委託契約における前金払の割合を、委託金額の「3割以内」から「4割以内」にそれぞれ引き上げます。

2.適用時期

平成23年5月25日以後に契約を締結した工事等から適用します。

 ただし、東日本大震災の発生後から平成23年5月25日までの間に締結した契約又は現在契約手続が進行中の契約で、契約の相手方が希望する場合には、前払金の割合を引き上げます。この場合、変更契約及び前金払保証証書の変更が必要です。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは財政課 工事契約検査室です。

本庁舎3階 〒961-8602 福島県白河市八幡小路7-1

電話番号:0248-22-1111【内線 : 2251・2252】 ファックス番号:0248-24-1844

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る