市長メッセージ

「行政力」を磨き、高め、ともに挑戦していきましょう


市長メッセージ

  
 我が国は、2020年の出生者数が約87万人と過去最低を記録するなど、本格的な人口減少社会を迎え、市場規模の縮小はもとより、AI や IoT などの先端的なデジタル技術を活用する「DX(デジタルトランスフォーメーション)」の推進、相次ぐ自然災害への対応、更には地方の活性化など、様々な課題を抱えています。

 これに加え、昨年から急速に感染が拡大している「新型コロナウイルス感染症」は、私達の命や健康を脅かすばかりでなく、移動すること、対話すること、集まることなど、人間が社会をつくる上で欠かせない行動を制限し、社会経済全般に大きな影響を与えています。

 同時に、過度な効率性や利益を追求し、地球環境に大きな負荷を与えるなど、行き過ぎた資本主義経済への反省を迫り、自然と共にある暮らしや互いを思いやる心のつながり、地域の固有文化に包まれた時間といった「真の豊かさ」について考える大きな転換点を迎えています。

 これにより、大都市の過密が抱える様々なリスクを避け、自然やコミュニティが息づく場所で充実感のある暮らしを実現しようと、地方で働き、住み、憩うという流れが生まれようとしています。

 その受け皿として、歴史や文化、産業、交通など、多様な地域資源や経済的環境に恵まれている本市は大きな可能性を秘めており、疫病収束後の新しい時代に向けて、足元にある資源を磨き、生かしながら、産業や文化芸術の振興を図るとともに、地域を支える人々の郷土に対する愛着や誇りを育むなど、魅力あるまちづくりをより一層推進していく必要があります。

 こうした中、本市職員に求められることは、現状を的確に分析し、時代の趨勢を読みながら、具体的な政策に落とし込んでいく力である「行政力」を磨き、高め、しっかりとした「市の将来像」を定めること、そして、その実現に向けて、失敗を恐れず、果敢にチャレンジしていくことです。

 市政の発展に貢献したいという熱い思いを持ち、最後までやり抜く志を持った方を待っています。
 白河市の未来を切り拓くため、ともに挑戦していきましょう。

福島県白河市長  鈴木 和夫

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務課 人事係です。

〒961-8602 福島県白河市八幡小路7-1

電話番号:0248-22-1111【内線 : 2344・2345】 ファックス番号:0248-27-2577

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る