水洗化助成制度

市では、1日でも早く市民の皆さんに下水道を接続していただくため、以下の2通りの助成制度を設けています。申し込みの際は、どちらかお選びください。
なお、現在使用中のくみ取り式トイレや浄化槽を廃止し、あわせて台所や風呂場等からの汚水を下水道に接続するための工事が対象となります(ただし、官公署、会社その他の法人を除きます。また新築についても該当しません)。

改造費の助成とは(補助金制度)

改造に要した費用の一部を補助金として交付するものです。

補助の条件

(1)市の公共下水道処理区域内で、建築物の所有者または使用者であること。
(2)納期が到来した市税、受益者負担金、下水道使用料を完納していること。
(3)供用開始日から3年以内に行う改造工事であること。

補助金額

水洗化改造等工事1件につき下記の額(ただし、賃貸住宅(集合住宅)は6戸を限度とした戸数に次の金額を乗じた額)

(1)供用開始日後1年以内に行う改造工事の場合:25,000円
(2)供用開始日後2年以内に行う改造工事の場合:15,000円
(3)供用開始日後3年以内に行う改造工事の場合:10,000円

改造費に係る利子補給とは(利子補給金制度)

改造に要する費用を市内の金融機関から借入れしていただき、その借入れ利息について市が金融機関に支払うものです。

貸付の条件

改造費の助成「補助の条件」((3)の条件を除く)を満たす本市内に住所がある方で、次の条件を満たす連帯保証人が1人いること。

(1)市内に住所がある満20歳以上の方
(2)納期が到来した市税、下水道受益者負担金、下水道使用料を完納している方
(3)一定の職業または、相当の資産があり独立の生計を営む方

貸付金額

70万円を限度とした改造工事費用の範囲内 (賃貸住宅(集合住宅)は、一戸あたり70万円の範囲で、350万円を限度とした工事費の範囲内)

返済方法

借りた翌月から1か月1万円以上で50か月以内の均等返済

借入・返済場所

市内の金融機関

  • 補助金制度を利用する際は、添付書類として申請人の前年度の納税証明書(市県民税、固定資産税、軽自動車税及び国民健康保険税で納税を証明できるものであれば、税金の領収書の写し等でも可)が必要です。
  • 利子補給金制度を利用する際は、添付書類として申請人と連帯保証人の前年度の納税証明書(市県民税、固定資産税、軽自動車税及び国民健康保険税で納税を証明できるものであれば、税金の領収書の写し等でも可)および申請人と連帯保証人の所得証明書(所得がわかるものであれば、源泉徴収票の写し等でも可)が必要です。

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは下水道課 施設管理係です。

〒961-8602 福島県白河市八幡小路7-1

電話番号:0248-22-1111【内線 : 2235・2236】 ファックス番号:0248-24-1854

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る