1. ホーム>
  2. 子育て・健康・福祉>
  3. 予防接種>
  4. 予防接種のご案内

予防接種のご案内

感染症の予防と流行を防ぐ

『ドクター』の画像

赤ちゃんが生まれてくるときにお母さんからもらう病気に対する抵抗力(免疫)は、成長とともに自然に失われます。そこで、赤ちゃん自身で免疫をつくり病気を予防するのに役立つのが予防接種です。

あらかじめ予防接種で免疫をつけ、感染症を予防するとともに、感染症の流行を防ぐためにも予防接種を受けましょう。

注意点

予防接種は、指定医療機関(関連書類ダウンロードの「指定医療機関」をご覧ください)で個別に受けてください。
また、里帰りなどの理由で県外の医療機関で接種を希望する場合は、事前申請が必要です。

接種前の注意

  • 健康状態の良いときに受けてください。
  • 母子健康手帳は忘れずにお持ちください。
  • 予防接種を受けるときは、事前に医療機関に予約してください。
  • 発熱している方や、けいれんをおこした方など、医師が接種不適当と認めた方は接種できません。

接種後の注意

  • 接種を受けた後30分位は、その場で様子を見てください。
  • 接種当日は激しい運動は避けてください。
  • 入浴は差しつかえありませんが、注射した部位はこすらないでください。
  • 接種後に高熱、けいれん、吐くなどの異常が現われたときは、すぐに医師の診察を受けてください。

他の予防接種との間隔

生ワクチン

麻しん風しん混合、BCG、おたふくかぜ、水痘、ロタウイルスなどは、接種した日の翌日から起算して27日以上の間隔を空けてから他の予防接種を受けてください。

不活性化ワクチン

四種混合、三種混合、二種混合、不活化ポリオ、日本脳炎、Hib(ヒブ)、肺炎球菌、子宮頸がん、季節性インフルエンザ、B型肝炎などは、接種した日の翌日から起算して6日以上の間隔を空けてから他の予防接種を受けてください。

定期予防接種

定期予防接種は、予防接種法で定められた対象年齢や接種回数等に基づいて、市町村が実施する予防接種です。

予防接種を受けるときは、市で発行した予診票が必要です。市では、お子さんの生後2か月頃に赤ちゃん訪問を実施しており、その際に乳幼児期に受ける予防接種の予診票をまとめたつづりをお渡ししています。

  • 日本脳炎の第2期は小学4年生、二種混合(DT)は小学6年生が標準的な接種時期に当たるため、学年当初に学校を通じて配布しています。
  • 本市に転入された方は、母子健康手帳を持参のうえ、中央保健センター、本庁こども支援課または各庁舎地域振興課で必要な予診票の交付を受けてください。
  • 県外で定期予防接種を受ける場合、事前申請が必要となります。申請は中央保健センター、本庁こども支援課または各庁舎地域振興課でできます。
予防接種  対象(標準的な接種期間で接種してください)
Hib(ヒブ)感染症 生後2か月から5歳未満(開始時期により接種回数が変わります)
(例)生後
2か月から7か月未満に接種を開始した場合
・初回接種
3回(27日以上の間隔をおいて3回)
・追加接種
1回(初回接種終了後7か月以上の間隔をおいて1回)
小児の肺炎球菌感染症 生後2か月から5歳未満(開始時期により接種回数が変わります)
(例)生後
2か月から7か月未満に接種を開始した場合
・初回接種
3回(27日以上の間隔をおいて3回)
・追加接種
1回(初回接種終了後60日以上の間隔をおいて1歳を過ぎたら1回)
BCG 1歳未満(標準的な接種期間は生後5か月以上8か月未満)
・接種回数
1回     
水痘 1歳から3歳未満:3か月以上(標準的には6か月から12か月)の間隔で2
※今までに接種を受けた方は、すでに接種した回数分を受けたものとみなします。また、今までに水痘にかかったことがある方は該当になりません。
四種混合(ジフテリア、百日せき、破傷風、ポリオ) 1期:生後3か月以上76か月未満
・初回接種
3回:20日以上の間隔をおいて3回(標準的な初回接種時期は生後3か月から12か月未満)
・追加接種
1回:初回接種終了後6か月以上の間隔をおいて1回(標準的には初回接種終了後12か月から18か月までの間隔をおく)
二種混合(ジフテリア、破傷風) 11歳以上13歳未満で1
麻しん風しん 1期:1歳以上2歳未満で1
2期:5歳以上7歳未満で、小学校入学前年度1年間に1
(小学校入学の前の年の
41日から入学する年の331日)
ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン)

12歳になる日が属する年度の初日から16歳になる日が属する年度の末日までの女子
(標準的には
13歳となる年度の初日から当該年度の末日までの間)
2価ワクチン又は、4価ワクチンどちらか一方の接種となります。 

2価ワクチン:1か月以上の間隔をおいて2回接種した後、1回目の接種から6か月以上の間隔をおいて1
4価ワクチン:2か月以上の間隔をおいて2回接種した後、1回目の接種から6か月以上の間隔をおいて1
【注意】
現在子宮頸がん予防ワクチンは、厚生労働省での審議結果で、積極的な勧奨(個別通知)はすべきではないとされています。接種の中止ではありませんので、接種を強く希望する方は、有効性・安全性等について十分検討し、理解した上で接種を受けるようにしてください。なお、厚生労働省のリーフレットも参照してください。

日本脳炎

1期:生後6か月以上76か月未満(標準的な接種時期は3歳)
・初回接種:
6日以上(標準的には6日から28日までの間)の間隔をおいて1
・追加接種:初回接種終了後
6か月以上(標準的には1年)の間隔をおいて1
2期:9歳以上13歳未満(標準的な接種時期は9歳)で1
※平成
742日から平成1941日生まれの方で1期(3回分)または、2期(1回分)の接種が済んでいない方は、20歳未満に接種を希望すれば接種を受けることができます。なお、第2期の接種開始は、1期の3回接種が完了した9歳からになります。

B型肝炎

1歳未満で3回

・1回目:標準的には生後2か月頃
・2回目:1回目の接種から27日以上の間隔をあけて接種
・3回目:1回目の接種から139日以上の間隔をあけて接種

任意予防接種

任意の予防接種とは、予防接種法で定められていない予防接種や、定期接種の対象年齢から外れている場合の予防接種です。接種するかしないかは、接種対象者の保護者の希望と医師の判断によります。原則自己負担です。

なお、市では次の任意の予防接種について、一部費用の助成を行っています。

ロタウイルス
  ワクチン

1価ワクチン(ロタリックス)
 ・生後6週から24週0日まで:4週間以上の間隔をあけて2回
 ・1回につき6,000円費用助成を受けられます。
5価ワクチン(ロタテック)
 ・生後6週から32週0日まで:4週間以上の間隔をあけて3回
 ・1回につき4,000円費用助成を受けられます。
※ただし、いずれのワクチンも1回目の接種を14週6日までに接種することが助成の条件となります。

おたふくかぜ

生後12月から小学校就学前までで、おたふくかぜにかかったことがなく、1回も接種を受けていない方に対し1回
※無料で接種できます。

風しんワクチンまたは
  麻しん・風しん混合ワクチン

妊娠を希望する女性または妊娠を希望する女性の配偶者が対象です。

明らかに2回のワクチン接種がある方は除きます。

なお、接種歴がないまたは1回の接種歴があるものの、抗体が不十分である方は対象となります。
※この事業の助成は1人1回です。
※無料で接種できます。

風しん抗体検査

妊娠を希望する女性または妊娠を希望する女性の配偶者が対象です。 

明らかに2回のワクチン接種がある方は除きます。

なお、接種歴がないまたは1回の接種歴がある方は対象となります。
※この事業の助成は1人1回です。
※無料で検査を受けられます。

※予診票は指定医療機関にあります。指定医療機関以外で接種を希望する場合は、事前申請が必要となります。申請は中央保健センター、本庁こども支援課または各庁舎地域振興課でできます。

問い合わせ先 電話番号
健康増進課(中央保健センター)

0248-27-2112

表郷庁舎地域振興課

0248-32-2114

大信庁舎地域振興課

0248-46-2114

東庁舎地域振興課

0248-34-2116

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課 予防管理係です。

〒961-0054 福島県白河市北中川原313(中央保健センター内)

電話番号:0248-27-2112 ファックス番号:0248-24-5525

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る