歴史文化・スポーツ・学び

白河市の歴史

古代

 「白河」の地名は、古く奈良時代の文献で確認できます。大化改新以後、白河は陸奥国白河郡の中枢が置かれ、陸奥国と下野国の境には「白河関」が設置されました。これにより、白河は以後奥州の関門としての歴史的役割を担うことになります。

中世

 鎌倉時代、白河庄は源頼朝のもとで活躍した結城朝光に与えられ、以後約400年にわたって白河結城氏が中世の白河を支配しました。中でも、南北朝時代に活躍した結城宗広は、奥州南朝方を代表する武将でした。
 なお、結城氏の本拠城は搦目の白川城でしたが、南北朝期には新たに結城親朝の居城として小峰城が築かれたとされています。

近世

 豊臣秀吉による奥州仕置きにより、結城氏は改易させられ、白河は会津領になります。蒲生秀行が領主の時代に小峰城や城下の整備がなされたと考えられます。
 江戸時代の初め、白河藩主となった丹羽長重は、小峰城の大改修や城下の整備を行い、現在につながる市街地の基礎を築いています。丹羽氏以後、榊原・本多・松平(奥平)・松平(結城)・松平(久松)・阿部と7家21代にわたる藩主の変遷がありました。
 中でも松平定信は、老中首座として「寛政の改革」を行い、藩内においては「白河関跡」の場所の特定や「南湖」の築造など、大きな業績を残しています。
 なお、表郷地域、東地域及び大信地域の一部は、江戸時代中期以降、越後高田藩領となっていました。
 慶応3年(1867)の阿部氏の棚倉移封により、白河は幕府の預かるところとなります。慶応4年(1868)の戊辰戦争白河口の戦いでは、小峰城が焼失落城するなどの痛手を負い、明治維新を迎えることになります。

近・現代

 版籍奉還に伴い明治2年(1869)に白河県、同4年(1871)には二本松県、引き続き福島県に含まれます。同12年(1879)に西白河郡が置かれ、同22年(1889)に白河町制を敷きました。
 昭和24年(1949)には白河町、大沼村が合併して白河市制を施行し、平成17年(2005)にはいわゆる「平成の大合併」により白河市、表郷村、大信村、東村が合併し、新しい「白河市」が誕生しました。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは歴史民俗資料館(文化財課)です。

〒961-0053 福島県白河市中田7-1

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る