第24回中山義秀文学賞贈呈式・受賞記念講演会を開催

2月3日(日曜日)、白河市立図書館りぶらん多目的ホールで開催され、中山義秀文学賞受賞作『守教』(新潮社)の作者、帚木蓬生(ははきぎ ほうせい)さんに中山義秀顕彰会 鈴木和夫会長(白河市長)から、賞状と副賞の賞金100万円、大信産コシヒカリ1俵、白河だるまが贈呈されました。

高橋義夫選考委員から「日本独自の思想と生活から、土着した隠れキリシタンを詳しく語ったものは今までない。義秀賞が『守教』という優れた作品にめぐり合えたことで少し偉くなった。受賞してくださってありがとうございます。」との選評がありました。

帚木さんは選評の言葉に思わず涙し、「この賞をうけて本当にうれしい。これからも作家として書きつづけたい。」と感激のあいさつがありました。

「福岡の隠れキリシタン」と題した講演では、戦国時代から江戸の終わりまで権力者の弾圧を経て隠れキリシタンとなり信仰を守りつづけた『光の子』、「今村信徒」の姿や、ザビエル以後の布教者たちの活動、セミナリオ(学校)などに持ち込まれた西欧文化、布教を推進した大友宗麟などのキリシタン大名等々様々なエピソードをお話しいただきました。

帚木さんの涙と笑いを交えた熱い語り口に会場のファンは魅了されました。

24文学賞贈呈式

義秀生誕の地大信産コシヒカリの贈呈

24文学賞贈呈式2-1

白河だるまの贈呈

24文学賞贈呈式3

高橋選考委員から花束贈呈

24文学賞講演会0 24文学賞講演会2

講演する帚木さん

24文学賞講演会4

受賞作当選者へのサイン本贈呈

24文学賞講演会3

帚木さんから直筆サイン

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは中山義秀記念文学館です。

〒969-0309 福島県白河市大信町屋沢田25

電話番号:0248-46-3614 ファックス番号:0248-46-3702

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る