1. ホーム>
  2. まちづくり・市民協働>
  3. 建築>
  4. 三世代同居・近居支援補助金【平成29年度住宅取得補助金】

三世代同居・近居支援補助金【平成29年度住宅取得補助金】

 市では、子育て環境の充実や高齢者支援、そして住環境の向上と定住促進を図るために、「三世代同居・近居支援補助金」を交付しています。この補助金は、【住宅取得補助金】と【増改築リフォーム補助金】の2種類あります。
 このページでは、三世代同居・近居のために住宅を取得した方に対し、その費用の一部を補助する【住宅取得補助金】について紹介します。

※平成29年度分の補助金については、4月17日(月曜日)より事前相談・事前申し込みを受け付けます。

※増改築及びリフォームした際の増改築リフォーム補助金については【増改築リフォーム補助金版】でご確認ください。

補助対象

 支援事業の対象となるためには、以下の全ての要件に該当する必要があります。

 対象者要件

(1)平成28年4月1日以降に同居・近居を新たに始めたこと。
※同居とは、1つの住宅に子世帯と親世帯が一緒に暮らすことをいいます。
※近居とは、子世帯と親世帯それぞれの住宅の敷地間の距離がおおむね2キロメートル以内にある異なる住宅に暮らすことをいいます。
※平成28年4月1日以前から既に同居・近居をしていた人は対象外です。

(2)平成28年4月1日以降に子世帯又は親世帯が三世代同居・近居のために転入・転居したこと。

(3)同居・近居を開始する直前の住所に1年以上継続して住民登録があったこと。

(4)子世帯及び親世帯全員の住民票が同居・近居する住宅にあること。

(5)同居・近居を3年以上継続する意思があること。

(6)子世帯及び親世帯が町内会に加入していること(見込みも可)。

(7)子世帯及び親世帯全員が市税等を滞納していないこと。
※平成28年1月1日以降に白河市に転入した方は、白河市に転入する前の市区町村税も対象です。

(8)子世及び親世帯全員が暴力団関係者でないこと。

(9)「白河市三世代同居・近居支援補助金」を過去に受けたことのある者がいない世帯であること。

 対象住宅要件

(1)平成28年4月1日以降に三世代同居・近居のために、住宅取得のための契約をしたこと。

(2)新築又は売買により住宅を取得したこと。

(3)登記(所有権保存登記又は所有権移転登記)が終わっていること。

(4)下記に該当しないこと
 ・がけ地近接等危険住宅移転事業補助金を活用して住宅を取得した。
 ・公共工事に伴う移転補償により住宅を取得した。
 ・福島県多世代同居・近居推進事業の補助を受けている。

(5)建築基準法その他法令に基づき適正に建築された建物であること。

<昭和56年以前の旧耐震基準に基づき建築された住宅の場合>
(6)耐震診断を終えていること。

 対象経費

 住宅取得に係る建築請負契約又は売買契約金額。ただし消費税相当額は除きます。
 また、次に掲げる経費は補助の対象としません。
(1)土地取得費
(2)併用住宅における住宅部分以外に係る経費
(3)国又は地方公共団体が行う住宅工事に係る他の補助金等を活用する場合、対象となった工事の経費

補助金の額

 対象経費の2分の1以内又は補助基本額と各加算額の合計のうちいずれか低い額。

(1)基本額
 ・同居(新築) 60万円
 ・近居(新築) 50万円
 ・同居(中古) 40万円
 ・近居(中古) 30万円

(2)加算
 ・市外からの転入世帯 20万円
 ・中心市街地へ居住 10万円
 ・市内業者が施工 10万円

手続きの流れ

 補助金の申請から交付までの流れは下記のとおりです。

(1)事前相談・事前申込
 補助対象要件、必要提出書類の確認を行います。
 補助金を申請される際には本申請の1ヶ月前までに事前申込書を提出してください。
 ※事前申込書は建築住宅課で配布しています。
 申請期間:平成29年4月17日(月曜日)~平成30年1月31日(水曜日)

(2)申請
 申請期間:平成29年5月15日(木曜日)~平成30年2月28日(水曜日)

(3)審査
 書類審査等により要件に適合しているか審査を行います。

(4)交付決定
 交付決定の通知をお渡しします。

(5)請求
 請求書に記入・押印の上、提出してください。

(6)振込(交付)
 請求を受け付けた後、順次口座振込により補助金を交付します。
・不正があった場合は、既に補助金の交付を受けた場合であってもその補助金を返還していただきます。
・交付決定後、3年以内に補助金の対象となった住宅に居住出来なくなったときは、市長が承認した場合を除き補助金を返還していただきます。

申請受付

 補助金の交付申請は以下により行ってください。

 受付期間

(1)事前相談・事前申込 平成29年4月17日(月曜日)~平成30年1月31日(水曜日)

(2)申請 平成29年5月15日(月曜日)~平成30年2月28日(水曜日)
  対象家屋を取得してから1年以内に申請可能です。また、同期間内に居住し三世代同居・近居を開始してから申請が出来ます。

※受付は申込先着順です。
※申請期間内に予算額に達した場合、早期に募集を終了することがあります。

 受付場所

 市役所建築住宅課(本庁舎2階)

 提出書類

(1)白河市三世代同居・近居支援事業補助金交付申請書

(2)案内図
 ※近居の場合、子世帯と親世帯の居住する住宅間の距離を明示すること

(3)子と親の親子関係を証明出来る戸籍全部事項証明書等

(4)子世帯及び親世帯全員の住民票

(5)納税証明書又はそれに代わるもの

(6)固定資産評価額証明書(土地付き住宅を取得した場合に限る)

(7)町内会加入証明書

(8)誓約書

(9)同意書

(10)建物登記簿の全部事項証明書

(11)工事を行った部分の施工前・施工後の状態が確認出来る書類(写真)

(12)配置図、平面図、立面図その他の対象工事の内容が確認出来る書類

(13)住宅の工事請負契約書又は売買契約書の原本とその写し

(14)住宅の完了検査済証の原本とその写し(対象住宅を新築した場合に限る)

(15)住宅の確認済証又はそれに代わるものの原本とその写し(対象住宅を売買により取得した場合に限る)

(16)住宅の耐震診断を受けたことが確認出来る書類とその写し(昭和56年5月31日以前に建築された住宅に限る)

(17)市外に継続して1年以上居住していたことを証明出来る戸籍の附表、住民票除票等(市外から転入する場合に限る)

(18)母子健康手帳の原本とその写し(子どもが出産予定の子どものみの場合に限る)

(19)申請書類チェック表

(20)その他市長が必要と認めた書類

※写し(コピー)を提出の書類も原本を確認しますので、原本を必ずお持ちください。

※写し(コピー)が必要なものについては必ず写し(コピー)をお持ちください。(建築住宅課ではコピーいたしません)

 注意事項

(1)申請は必要書類を全て添えて執務時間内に窓口へ直接提出してください。
 ・郵送は受け付けません。
 ・執務時間:土日祝日及び12月29日~1月3日を除く8時30分から17時15分

(2)必要提出書類が全て揃っていない場合は受付ができません。

(3)申請日時点で要件の全てを満たしている必要があります。

(4)同一の住宅について複数申請された場合には、全ての申請を無効とします。

関連情報リンク

 福島県多世代同居・近居推進事業ホームページ(外部リンク)(新しいウインドウで開きます)※平成28年度の募集は終了しました

 白河市三世代同居・近居支援補助金について【増改築リフォーム補助金版】

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは建築住宅課 建築係です。

〒961-8602 福島県白河市八幡小路7-1

電話番号:0248-22-1111【内線 : 2264・2265】 ファックス番号:0248-24-1854

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る