中山義秀記念文学館だより

『文学館だより307-1』の画像『文学館だより307-2』の画像

文学館だより

中山義秀記念文学館 2018年7月

白河戊辰150周年記念中村彰彦講演会

第1回中山義秀文学賞、第111回直木賞受賞者であり、現中山義秀文学賞選考委員の中村彰彦先生による講演会・サイン会を開催いたします。

日時 9月22日(土曜日)午後3時から

場所 白河市立図書館多目的ホール(無料)

演題 戊辰戦争・西南戦争と福島県人の動向

※事前のお申し込みが必要です。

文学館窓口またはお電話・ファックスにてお申し込みください。(その際、氏名・ご連絡先をお伺いします。)

定員200名になり次第締めきらせていただきますので、お早めにお申し込みください。

テーマ展

「義秀文学と装丁」8月19日(日)まで

義秀作品を彩った画家たちによる装丁作品を展示しています。表紙絵から義秀文学を感じとってください。

「義秀と横光利一」8月29日(水)から10月21日(日)

師と仰いだ横光利一との交友を書簡や関連資料でたどります。神奈川近代文学館所蔵の資料も展示いたします。

ギャラリートーク・朗読会

10月14日(日)午後1時30分から

テーマ展の展示解説と義秀の代表作「台上の月」の朗読会を行います。ぜひご来館ください。

※申込不要、要入場料

文学バスツアー

7月8日(日)に「さいたま文学館と小江戸川越をめぐる」文学ツアーを開催いたしました。義秀が尊敬した作家・永井荷風コレクションを収蔵する「さいたま文学館」では、荷風や埼玉ゆかりの作家の解説をいただいたあと、展示の見学をいたしました。また、白河藩主・松平大和守ゆかりの川越では蔵造りの町並みの散策のあと、博物館・川越城本丸御殿を見学。蔵造りの町並みの歴史や構造などについてくわしく解説いただきました。

第24回中山義秀文学賞公開選考会

日時 11月11日(日)午後1時30分から

場所 白河市立図書館多目的ホール(無料)

第22回中山義秀文学賞受賞・第150回直木賞を受賞された朝井まかて氏を新たに選考委員にお迎えし、公開選考会を開催いたします。候補3作品につきましては、新聞・ホームページ・白河市の広報等で発表いたします。

中山義秀記念文学館ご案内

開館時間

午前10時から午後6時まで

休館日

月曜日、祝日の翌日(月曜が祝日の場合は翌日、祝日が金曜の場合は前日)、年末年始(12月29日から1月3日まで)

入館料

大人200円

小人100円

住所

白河市大信町屋字沢田25

電話

0248-46-3614

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは中山義秀記念文学館です。

〒969-0309 福島県白河市大信町屋沢田25

電話番号:0248-46-3614 ファックス番号:0248-46-3702

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る