1. ホーム>
  2. 子育て・健康・福祉>
  3. 予防接種>
  4. ロタウイルスワクチンの接種費用一部助成について

ロタウイルスワクチンの接種費用一部助成について

市では、ロタウイルスワクチン接種を希望する対象者の方に一部費用の助成を行っています。ロタウイルスワクチンは1価ワクチン(ロタリックス)と5価ワクチン(ロタテック)の2種類があり、接種回数などに違いがあります。なお、対象者や接種回数などは以下のとおりです。

対象者

  • 1価ワクチン(ロタリックス):生後6週から生後24週0日までの者
  • 5価ワクチン(ロタテック):生後6週から生後32週0日までの者

※ただし、どちらのワクチンを使用する場合でも1回目の接種を14週6日までに開始する場合に限ります。

接種回数及び接種間隔

  • 1価ワクチン(ロタリックス):2回(1回目と2回目の間隔は4週間以上あける)
  • 5価ワクチン(ロタテック):3回(1回目と2回目及び2回目と3回目の間隔はそれぞれ4週間以上あける)

助成金額

  • 1価ワクチン(ロタリックス):1回あたり6,000円
  • 5価ワクチン(ロタテック):1回あたり4,000円

※白河市の指定医療機関で接種を受ける場合、費用助成分を差し引いた金額を窓口で支払います。事前の申請は必要はありません。ただし、指定医療機関以外で接種を受ける場合はあらかじめ申請が必要になります。

指定医療機関以外でロタウイルスワクチンの接種を受ける場合

 白河市の指定医療機関以外でロタウイルスワクチンの予防接種を受ける場合、あらかじめ申請が必要となります。下記「関連書類ダウンロード」の「予防接種申請書」を白河市中央保健センターあてに郵送するか、白河市中央保健センター、白河市役所こども支援課または各庁舎地域振興課の窓口までお越しください。

※申請受理後に依頼書を発行しますので、郵送で申請をした場合は、依頼書が届いてから予防接種を受けてください。

※接種後は、医療機関に一旦料金をお支払いください。その後、市の助成金額を上限として、指定口座に接種料金をお振込みいたします。

ロタウイルスとは?

ロタウイルスとは胃腸炎を引き起こすウイルスであり、症状は突然の嘔吐、発熱、下痢などです。ロタウイルスは年齢にかかわらず何度でも感染しますが、症状は初めて感染した時が最も重症で、その後感染を繰り返すにつれて軽症化していきます。特に重症化しやすいのは生後4~23か月の乳幼児といわれています。

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課 予防管理係です。

〒961-0054 福島県白河市北中川原313(中央保健センター内)

電話番号:0248-27-2112 ファックス番号:0248-24-5525

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る