1. ホーム>
  2. 子育て・健康・福祉>
  3. 介護保険>
  4. 介護予防・日常生活支援総合事業みなし指定事業所の指定の更新

介護予防・日常生活支援総合事業みなし指定事業所の指定の更新

平成27年3月31日に介護予防訪問介護又は介護予防通所介護を実施していた事業所は、介護予防・日常生活支援総合事業(以下「総合事業」)の訪問介護相当サービス又は通所介護相当サービス(白河市では「介護予防訪問型サービス」又は「介護予防通所型サービス」と規定しています。)に係る「みなし指定」を受けているところですが、この「みなし指定」の有効期間が平成30年3月31日で満了となります。
平成30年4月1日以降も介護予防訪問型サービス又は介護予防通所型サービスを継続して実施する場合は、以下のとおり更新の手続きを行ってください。

更新申請の手続き

介護予防訪問型サービス又は介護予防通所型サービスの事業所のみなし指定更新申請の手続きは以下のとおりです。

受付期間 

平成30年1月4日木曜日から平成30年2月28日水曜日まで
※窓口での受付は、月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)

提出書類 

更新申請を行う場合は、以下の書類を3部提出してください。
・指定更新申請書(第2号様式)
・付表(付表1又は付表2)
・別表「指定(更新)申請に係る提出書類一覧」に掲げる書類

提出方法 

郵送又は窓口で提出してください。

提出・問い合わせ先

〒961-8602
白河市八幡小路7番地1
白河市役所 保健福祉部 高齢福祉課 介護保険係
電話0248-22-1111 内線2724

指定の有効期間

介護予防訪問型サービス又は介護予防通所型サービスの指定有効期間は原則6年です。
ただし、すでに指定を受けている同種のサービスと一体的に事業を実施する場合に限り、指定有効期間を短縮し、指定済の同種のサービス(訪問介護と介護予防訪問型サービス、通所介護又は地域密着型通所介護と介護予防通所型サービス)と指定有効期間の満了日を合わせることができます。これにより、同種のサービスと同時期に指定更新の手続きを行うことが可能となります。
指定更新申請書(第2号様式)に指定有効期限の短縮の希望の有無について記載欄があります。必ずご記入ください。

留意事項

・総合事業への移行に伴い定款などの変更を行っていない場合は、速やかに定款などの変更をお願いします。
・指定更新の手続きをしなかった場合は、有効期間満了をもって指定の効力を失うこととなります。(介護保険から報酬を受けられなくなります。)
・審査後、更新可となった事業所には、指定更新開始日までに指定(更新)通知書を申請者宛に郵送します。

更新後のサービスコード

更新後は、みなし指定から一般指定に変わります。
そのため、平成30年4月サービス提供分からサービスコードが変わりますのでこ注意ください。

・介護予防訪問型サービス : A1(みなし指定)→ A2(平成30年4月から)
・介護予防通所型サービス : A5(みなし指定)→ A6(平成30年4月から)

白河市以外に対するみなし指定の更新について

総合事業の訪問介護相当サービス又は通所介護相当サービスの利用者に、白河市以外の被保険者がいる場合には、白河市以外の保険者に対しても指定更新の手続きを行う必要があります。具体的な手続きについてはそれぞれの保険者(市町村)にご確認ください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは高齢福祉課 介護保険係です。

〒961-8602 福島県白河市八幡小路7-1

電話番号:0248-22-1111【内線 : 2724・2725・2738】 ファックス番号:0248-23-1255

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る