1. ホーム>
  2. 歴史文化・スポーツ・学び>
  3. 歴史・文化財>
  4. 小峰城の史跡整備状況>
  5. 小峰城跡の史跡整備事業に伴う立入制限範囲について【令和元年8月30日現在】

小峰城跡の史跡整備事業に伴う立入制限範囲について【令和元年8月30日現在】

今年3月末に、東日本大震災で崩落した石垣の修復工事が終了しました。

現在、本丸周辺の「史跡整備事業」を進めており、旧バラ園である帯曲輪(おびくるわ)の園路整備と、水懸口(みずかけぐち)北面石垣の解体工事を行っています。それに伴い、一部の範囲で工事関係者を除き、立入を制限しています。数年にわたる整備となりますが、ご理解とご協力をお願いします。

なお、外堀の内側と東側丘陵は危険防止のため立入を規制しています。

規制範囲

赤線:史跡整備事業に伴う立入規制範囲

黒線:危険防止のため立入規制範囲

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課 史跡整備係です。

〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る