1. ホーム>
  2. まちづくり・市民協働>
  3. 建築>
  4. 台風19号による被災者に対する民間賃貸住宅の借上げについて

台風19号による被災者に対する民間賃貸住宅の借上げについて

この度の台風19号により被害を受けられました皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

台風19号による被災者に対する民間賃貸住宅の借上げにつきまして、お知らせします。

概要

台風19号により住居が全壊等の被害を受け、自らの資力では住居が確保できない被災者に対し、県が民間賃貸住宅を借上げて無償で提供する。

入居者の要件(いずれにも該当すること)

台風19号による災害(以下「災害」という)令和元年10月12日時点において、市内で住居に被害を受けた方

次の要件のいずれかを満たす方

  1. 住居の全壊、全焼又は流出により居住する住宅がない方
  2. 半壊(大規模半壊含む)であっても、水害により流入した土砂や流木等により住宅としての利用ができず、自らの住居に居住できない方
  3. 二次災害等により住宅が被害を受ける恐れがある、ライフライン(水道、電気、ガス、道路等)が途絶している、地滑り等により避難指示等を受けているなど、長期(1ヶ月以上)にわたり自らの住居に居住できないと市長が認める方

自らの資力をもってしては、住居を確保することができない方

災害救助法に基づく住宅応急修理制度を利用してない方

住宅応急修理制度は、民間賃貸住宅の借上げの提供を受けると、利用できなくなります。

借上げ住宅の条件(いずれにも該当すること)

  1. 貸主から同意を得ているもの
  2. 昭和56年以降に建設された住宅、もしくは耐震診断、耐震改修等により安全性が確認された住宅であること。
  3. 家賃が、1ヶ月あたり6万円以下(対象世帯が5名以上(乳幼児を除く)である場合にあっては9万円以下)であること

費用負担

県の負担

  1. 家賃
  2. 礼金
  3. 仲介料
  4. 退去修繕負担金
  5. 損害保険料
  6. 入居時鍵等交換費

入居者の負担

  1. 光熱水費、管理費、共益費、駐車場費、自治会費など
  2. 入居者の故意又は過失による損壊に対する修繕費用

契約期間

原則1年間

提出書類

申込時

  1. 受付票
  2. 福島県借上げ住宅申込書
  3. 契約書
  4. り災証明書
  5. 確認書
  6. 住宅要件の確認書
  7. 切替契約に関する同意書
  8. チェックリスト
  9. 上記7に該当する方は、個人で契約した契約書の写し

契約時

  1. 契約書
  2. 重要事項説明書
  3. 定期賃貸住宅契約についての説明書
  4. 請求書

 

詳細につきましては、関連書類での確認、または下記までお問い合わせください。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは建築住宅課です。

表郷庁舎2階 〒961-0492 福島県白河市表郷金山字長者久保2

電話番号:0248-22-1111 ファックス番号:0248-24-1854

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る