1. ホーム>
  2. 産業・雇用・観光>
  3. 農林業>
  4. 農業>
  5. 令和2年産米におけるモニタリング検査について

令和2年産米におけるモニタリング検査について

福島県産米の検査方法が変更となります。

福島県では令和2年産米より、避難指示のあった12市町村を除いて「全量全袋検査」から「モニタリング(抽出検査)」に移行します。

白河市もモニタリングへ移行しますので、生産者の皆さまのご理解とご協力をお願いします。

モニタリングの内容

  • モニタリングは、国のガイドラインに基づき、旧市町村(昭和25年2月1日時点)ごとに3点の検査を県が行います。
  • 検査の結果、基準値を超える放射性物質が検出されなかった場合は、旧市町村ごとに出荷・販売・譲渡が可能となります。
  • これまでのように米袋に検査ラベルの添付はありませんが、安全性の確認されたものが流通します。
  • 検査結果は、福島県ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

旧市町村一覧(昭和25年2月1日時点)

白河地域

白河市、白坂村、小田川村、五箇村、古関村2-1

表郷地域

古関村2-2、金山村、社村

東地域

小野田村2-1、釜子村

大信地域

大屋村、信夫村

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農政課です。

表郷庁舎2階 〒961-0492 福島県白河市表郷金山字長者久保2

電話番号:0248-22-1111 ファックス番号:0248-24-1844

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る