トップへ戻る シンボルマーク 記念事業 白河戦争 記念品
 

慶応4年(1868)に起きた戊辰戦争で、戦局に大きな影響を与えた戦いが潤4月から7月の「白河戦争」です。

薩摩藩・長州藩を中心とした新政府軍(西軍)と会津藩・仙台藩を中心とした奥羽越列藩同盟軍(東軍)の戦いで、約700人の新政府軍が約2500人の同盟軍から小峰城を奪いました。その後同盟軍は、新政府軍から小峰城(白河城)を奪還しようと何度となく攻撃を試みましたが、失敗しました。

 6月には土佐藩の板垣退助率いる新政府軍が棚倉城を攻略。同盟軍は7月まで小峰城(白河城)を攻撃し続けますが、白河周辺から撤退、「白河戦争」は終結しました。

 この戦いで同盟軍927人、新政府軍113人が戦死したとされ、犠牲者の中には農民や町人もいました。戊辰戦争から約150年を経た今も、白河の人々は両軍戦死者を、丁寧に弔い慰霊碑を守りながら、今も供養しています。