産業・雇用・観光

農業経営基盤強化促進法

農業経営基盤強化促進法とは?

農業経営基盤強化促進法とは、農用地を安心して貸し借りできる仕組みで、農用地の流動化を促進する上で核となるものです。

1.利用権設定等促進事業

  • 農用地の受け手・出し手の希望を一括して市町村および農業委員会が調整します。
  • 市町村が農用地利用集積計画を作成・公告し、これに基づいて権利が設定・移動します。
  • 賃借権設定・所有権移転に必要な書類は、農業委員会で作成し、手数料は無料です。ただし、証明書等にかかる手数料は負担していただきます。

無題

申請は、毎月10日が締切りです。

※10日が土日・祝祭日の時は、原則その翌日。12月と2月は締め切り日が早くなりますので、お問い合わせください。

 

2.農地保有合理化事業の実施を促進する事業

  • 農地保有合理化事業を円滑に推進していくための普及・啓蒙などを行います。

3.農用地利用改善事業

  • 地域ぐるみの合意形成を促進し、農作業の効率化、土地利用調整を推進します。
  • 担い手不足地域の農用地の利用を責任をもって引き受ける特定農業法人を税制面(農用地利用集積準備金)などで支援します。

4.農作業受委託促進事業

  • 地域内の農作業のあっせん、受託農業者の組織化などを促進します。

5.農業従事者の養成・確保など

  • 後継者対策や新規就農者対策、農村女性対策などの推進を図ります。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農業委員会事務局です。

表郷庁舎2階 〒961-0492 福島県白河市表郷金山字長者久保2

電話番号:0248-22-1111【内線 : 2241・2242】 ファックス番号:0248-24-1844

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?