子育て・健康・福祉

白河市特定不妊治療費助成事業のお知らせ

白河市では不妊治療を行う夫婦の経済的負担を軽減するため、特定不妊治療費の一部を助成しています。

助成を受けることができる方

次の要件をすべて満たす方

1. 戸籍上の夫婦で、夫婦ともに、又は一方が治療日において白河市内に住所を有する方

2.治療期間の初日における妻の年齢が43歳未満である夫婦

3.夫婦に市税等の滞納がないこと

4.夫婦合算の年間所得が730万円未満の方

5.県が指定した医療機関において不妊治療を受けた方(指定医療機関は本ページ下部に記載)

6.福島県特定不妊治療費助成の決定を受けた方

対象となる治療

保険診療の適用とならない体外受精・顕微授精

特定不妊治療の一環として男性不妊と判断された場合の手術を伴なう治療

助成の内容

1回の治療につき下記により助成します。

区分

治療内容(受診証明書で確認できます)

助成上限額

A

新鮮胚移植を実施

100,000円

B

凍結胚移植を実施(受精卵を一旦凍結し、母体の調整後胚移植)

100,000円

C

以前に凍結した胚を解凍して胚移植を実施

50,000円

D

(採卵後)体調不良等により移植のめどが立たず治療終了

100,000円

E

受精できず(採卵し受精させたが、胚の分割停止等により中止)

100,000円

F

採卵したが状態の良い卵が得られない等により中止

50,000円

 

男性不妊治療

100,000円

助成回数

福島県特定不妊治療費助成事業の助成回数に順ずる

必要な書類

1.白河市特定不妊治療費助成金交付申請書

※届出書は相談・申請窓口であるこども支援課母子健康係にて配布しているほか、ページ下部にある関連書類ダウンロード(白河市特定不妊治療費助成金交付申請書)からできます。

2.福島県特定不妊治療費助成事業に係る決定通知書の写し

3.福島県特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し

4.特定不妊治療費の領収書又は明細書の写し

5. 申請日現在市税等の滞納がないことを証明する書類(夫婦それぞれの納税証明書・非課税証明書)

(注)助成金の振込先がゆうちょ銀行の場合は、通帳の写しが必要です。

申請手続き

助成を受けようとする方は、福島県特定不妊治療費助成事業承認決定を受け、決定通知を受けた日の属する月の翌々月の末日までに、市に申請してください。

詳細につきましては、白河市こども支援課母子健康係にご相談ください。

指定医療機関

医療機関名

所在地

電話番号

いちかわクリニック

福島市南矢ノ目字鼓田6-1

024-554-0303

福島県立医科大学附属病院

福島市光が丘1

024-547-1111

福島赤十字病院

福島市入江町11-31

024-534-6101

アートクリニック産婦人科

福島市栄町6-1エスタビル12F

024-523-1132

会津中央病院

会津若松市鶴賀町1-1

0242-25-1515

あみウィメンズクリニック

会津若松市八角町4-21

0242-37-1456

あべウィメンズクリニック

郡山市富久山町久保田字伊賀河原6-1

024-923-4188

ひさこファミリークリニック

郡山市中ノ目一丁目26-2

024-925-4415

いわき婦人科

いわき市内郷綴町大木下3-2

0246-27-2885

相談・申請窓口

窓口

住所

電話番号

こども支援課母子健康係
  (白河市役所1階)

白河市八幡小路7-1

0248-22-1111(内線2716)

0248-27-2113(直通)

 

 

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはこども支援課 母子健康係です。

〒961-8602 福島県白河市八幡小路7-1

電話番号:0248-22-1111【内線 : 2716・2717・2718・2708・2709】 ファックス番号:0248-23-1255

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?