教育・歴史文化・スポーツ・学び

4.11中山義秀文学賞 贈呈式・木下昌輝受賞記念講演会

演題「天下人を育てた斎藤道三の一生」

26文学賞講演会

受賞者

   木下 昌輝(きのした まさき)

  1974年奈良県生まれ。2012年「宇喜多の捨て嫁」でオール讀物新人賞を受賞しデビュー。受賞作に加筆した『宇喜多の捨て

 嫁』で第152回直木賞候補。以後、直木賞候補に計3回なる。船橋聖一文学賞、野村胡堂文学賞、大阪ほんま本大賞を受賞。

 主な著作に『人魚ノ肉』『敵の名は、宮本武蔵』『信長、天を堕とす』など。   

受賞作

   『まむし三代記 (朝日新聞出版)

  応仁の乱から34年後の文亀2年(1502)、日蓮宗の坊主・法蓮房は仲間たちとともに国盗りの大望を秘めて美濃を目指す。

 やがて法蓮房は美濃・土岐家内でのし上がり、新左衛門の野望を受け継いだ2代目新九郎はついに土岐一族から美濃国を奪取

 し、斎藤道三を名乗る。親子2代に渡る国盗りの大いなる武器となった「国滅ぼし」とは何か? その真実に行き着いた3代

 目の義龍の決断とは? 著者初の書き下ろし作品にして、従来の戦国史を根底から覆す瞠目の長篇時代小説。

日程

   令和3年4月11日(日曜日) 13時30分~

     贈呈式

     受賞記念講演会

     サイン会

会場

   白河市大信庁舎 大ホール(中山義秀記念文学館隣 白河市大信町屋字沢田15番地1)

入場無料(定員120名 事前申込必要)

主催

  中山義秀顕彰会

お申し込み

  中山義秀顕彰会事務局まで電話またはファックス、窓口にてお申し込みください。

  (案内チラシは関連書類ダウンロード欄「4.11中山義秀文学賞贈呈式・記念講演会チラシ」よりお取りください。)

  受付者には入場整理票をお送りいたします。

  申込先 中山義秀顕彰会事務局(中山義秀記念文学館内) 電話0248-46-3614 ファックス0248-46-3702

注意事項

  新型コロナウイルス感染予防対策にご協力ください。

  ○当日から2週間以内に、海外や緊急事態宣言地域への訪問歴のある方及びそれらの地域にお住いの方、並びにその濃厚接触

   の方などで感染の可能性のある方は入場をご遠慮ください。

  ○発熱・咳などの症状のある体調不良の方や感染の疑いのある方は入場をご遠慮ください。

  ○ご来場される際にはマスクのご着用をお願いいたします。

  ○受付で検温・手指消毒にご協力ください。

  ○感染拡大状況により内容変更や中止をする場合があります。

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは中山義秀記念文学館です。

〒969-0309 福島県白河市大信町屋沢田25

電話番号:0248-46-3614 ファックス番号:0248-46-3702

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?