子育て・健康・福祉

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

市民の皆様へ

5月25日付けで緊急事態宣言が全ての地域で解除され、様々な要請も段階的に緩和されていく方針が示されました。これは、これまで国や県の自粛要請にご協力いただいた皆様のおかげであり、改めて御礼申し上げます。一方で、新型コロナウイルスの脅威が無くなったわけではありません。国内における新規感染者数は減少傾向にありますが、海外においては感染者数が継続的に増加している地域もあり、今後、再び感染が拡大する可能性は十分にあります。いわゆる第2波の発生に備え、「新しい生活様式」を取り入れながら、引き続き感染症対策に努めていただくようお願いします。

※厚生労働省のホームページにて「新しい生活様式の実践例」が示されました。

「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安」が改訂されました。

1.日常生活で気をつけること

まずは手洗いの徹底です。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石けんやアルコール消毒液などで、手を洗いましょう。

せきなどの症状がある方は、せきやくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを徹底してください。

・人と人との距離の確保などの基本的な感染対策を継続するなど、感染拡大を予防する「新しい生活様式」を徹底していただくようお願いいたします。

「手洗いとは」 [PDF形式/795.62KB]

「咳エチケット」とは [PDF形式/821.04KB]

2.集団感染を防ぐために

「換気の悪い密閉空間」、「大勢いる密集場所」、「間近で会話する密接場面」の「3つの密」を避けるようお願いいたします。

・発熱や咳など、少しでも症状があれば、通勤等は控えてください。

これまでにクラスターが発生しているような施設や「3つの密」のある場への外出は控えるようお願いいたします。

・都道府県をまたいだ不要不急の移動の自粛をお願いいたします。

・就職や転勤などのやむを得ない事情で、特定警戒都道府県から転入された方につきましては、感染拡大防止の観点から、2週間は不要・不急の外出を控え、健康管理を徹底していただき、少しでも症状があれば速やかに帰国者・接触者相談センターに連絡されるようお願いいたします。

「密閉」「密集」「密接」しない![PDF形式/1.24MB]

3.家庭内に新型コロナウイルス感染が疑われる場合にご注意いただきたいこと

「家庭内でご注意いただきたいこと〜8つのポイント〜」」 [PDF形式/955.92KB]

4.差別や偏見はしない

・新型コロナウイルスの陽性となった方やその関係者に対する差別や偏見はしないようお願いいたします。

・医療従事者の皆様など、感染症の拡大防止に向けて懸命に御努力いただいている皆様に対する差別や偏見につきましても、しないようお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安

1.相談・受診の前に心がけていただきたいこと

  • 発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。
  • 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。
  • 基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話で御相談ください。

2.帰国者・接触相談センターに御相談いただく目安

少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに帰国者・接触者相談センターへご相談ください。

(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

  【帰国者・接触者相談センター】電話0120-567-747 ※毎日、24時間

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  • 高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD 等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方など重症化しやすい 方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
  • 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

  • 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等に御相談ください。
  • 小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。

※なお、この目安は、国民のみなさまが、相談・受診する目安です。これまで通り、検査については医師が個別に判断します。

3.相談後、医療機関にかかるときのお願い

  • 複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。            
  • 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安」[PDF形式/148.51KB]     

「白河市新型コロナウイルス感染症対策本部」の設置

令和2年2月1日に新型コロナウイルス感染症は、感染症法に基づく指定感染症として定められました。国内での感染者数の増加に伴い、市全体での情報共有および今後の感染拡大の抑制等の対策を検討するために、令和2年2月17日に白河市長を本部長とする「白河市新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置しました。※4月7日の緊急事態宣言をもって特措法に基づく対策本部となりました。

令和2年5月25日に緊急事態宣言が解除されましたが、白河市においては感染拡大に備え、引き続き対策本部を設置しております。

新型コロナウイルス感染症に係る市主催等イベント中止等及び市有施設の臨時休館に関する指針を改正しました。下記「関連書類」からダウンロードできます。参考にご覧ください。

事業者等の皆様へ

福島県知事より事業所等の皆様へメッセージが出されております。

○ 従業員とその御家族、お客様などを守るため、事業所内での手洗い、マスク着用などの咳エチケット等の感染対策に取り組むとともに、発熱等の症状がある従業員への出勤免除など、健康管理の徹底を改めてお願いいたします。

○ 時差出勤、在宅勤務、テレワーク、テレビ会議の導入など、人と人との接触を減らす取組をお願いいたします。

○ イベントの主催者におかれましては、全国的かつ大規模なイベント等の開催については、感染リスクへの対応が整わない場合は、中止または延期とするよう、慎重な対応をお願いします。その他のイベント等については、適切な感染防止対策を講じた上での実施をお願いします。 

関連リンク

新型コロナウイルスに関する発生状況、国内の動き(厚生労働省ホームページ)
英語のページ English  中国語のページ 中文

※「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」が示されました。

新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について(文部科学省ホームページ)
新型コロナウイルスに関するQ&A(厚生労働省ホームページ)
新型コロナウイルス関連感染症に関する福島県の状況、対応など(福島県ホームページ)
福島県旅券室ホームページ
外務省海外安全ホームページ

多言語関連リンク

多言語での注意喚起(福島県国際交流協会ホームページ)
行政等への相談時に多言語通訳が必要なとき
相談者向け(福島県国際交流協会ホームページ)
医療機関等向け(厚生労働省通訳サービス事業のホームページ)
外国語対応が可能な医療機関を外国語で検索したいとき
多国語(JNTOホームページ)
英語(ふくしま医療情報ネットホームページ)

相談窓口

福島県相談専用ダイヤル

【一般的なお問い合わせ】電話0120-567-177 ※平日、午前8時30分から午後9まで                                                                      ※土日祝日、午前8時30分から午後5時15分 
 ※耳の不自由な方はファックスでご連絡ください。ファックス番号024-521-7926     
【帰国者・接触者相談センター】電話0120-567-747 ※毎日、24時間
【こころの相談窓口】電話024-535-5560 ※平日、午前9時から午後5時まで

厚生労働省電話相談窓口

電話0120-565653(フリーダイヤル) ※土日、祝日も実施。午前9時から午後9時まで

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課 予防管理係です。

〒961-0054 福島県白河市北中川原313(中央保健センター内)

電話番号:0248-27-2112 ファックス番号:0248-24-5525

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?