まちづくり・市民協働

低未利用土地等の確認書の発行

地方部を中心に全国的に空き地・空き家が増加する中、新たな利用意向を示す者への土地の譲渡促進に向け、令和2年度税制改正において、低未利用土地の適切な利用・管理を促進するための特例措置が創設されました。

本特例措置は、譲渡価格が500万円以下の低額な一定の低未利用土地等を譲渡した場合に、長期譲渡所得から100万円を特別控除するものです。

特別控除を受けるために必要となる「低未利用土地等確認書」の発行受付を都市計画課で行っております。

 

主な要件

・令和2年7月1日から令和4年12月31日までの間の譲渡であること
・都市計画法第4条第2項に規定する都市計画区域内であること
・譲渡した者が個人であること
・低未利用土地等(空き地、空き家・空き店舗等が存する土地など)に該当すること
・譲渡後の土地の利用目的があること など

申請書類及び手続き等

申請書様式および詳細については、国土交通省ホームページ(低未利用地の適切な利用・管理を促進するための特例措置について)をご覧ください。
1.売主から物件所在地の市区町村へ確認書の交付申請
2.市区町村で確認後、確認書の発行
3.売主が管轄税務署にて確定申告(確認書を提出)
4.特例適用

※創設の背景や具体的な手続き等については、国土交通省公式Youtubeチャンネル(動画)でもご紹介しています。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは都市計画課 計画係です。

〒961-0492 福島県白河市表郷金山字長者久保2

電話番号:0248-22-1111【内線 : 2282・2283】 ファックス番号:0248-24-1854

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?