五葉松【ごようまつ】

五葉松

指定種別 市指定 天然記念物
指定年月日 昭和55年3月14日
所在地 白河市表郷社田字玉岡
所有者・管理者 社田区
大きさ 高さ20m、根回り2.6m

表郷地域、社田地区の教王院(天台宗)跡地に生える、樹齢約400年と推定されるゴヨウマツである。寺は明治2年(1869)に廃寺となったが、不動堂が現存している。

ゴヨウマツはマツ科の常緑高木で、針形の葉が5本ずつ束になって生える。なお、ゴヨウマツは西日本の呼び名で、東日本ではヒメコマツと称するのが一般的である。

良弁僧正が奥羽地方巡業の帰路、蔵王から五葉松の苗2本を持ち帰り、植えたと伝えられている。

現在のものは何度か植え継がれたものと考えられ、幹が途中から五本に枝分れしている。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課 文化財保護係です。

〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る