1. ホーム>
  2. 教育・歴史文化・スポーツ・学び>
  3. 歴史・文化財>
  4. 白河市の文化財>
  5. 市指定文化財>
  6. 天然記念物>
  7. 天神乳銀杏・天神モミ【てんじんちちいちょう・てんじんもみ】

天神乳銀杏・天神モミ【てんじんちちいちょう・てんじんもみ】

天神モミと天神乳銀杏天神モミ(左)と天神乳銀杏(右)

 

天満天神宮と天神乳銀杏天満天神宮(中央左)と天神乳銀杏

 

指定種別 市指定 天然記念物
指定年月日 昭和46年4月1日
所在地 白河市大信隈戸字山小屋
所有者 個人
大きさ

乳銀杏 : 高さ23m 根回り約6.7m
モミ : 高さ27m 根回り約6.8m 

大信地域の隈戸地区、菅原道真を祀った天満天神宮の小祠のかたわらに生える、銀杏とモミの大木である。天神宮に対する信仰とともに「天神乳銀杏」・「天神モミ」と称され、神木として守られてきた。

東側が乳銀杏、西側がモミで、ともに樹齢約500年と推定されている。

乳銀杏には幹から乳房のように垂れ下がったこぶがあり、古くから、この幹の皮を削って煎じて飲めば母乳が出るという信仰があった。戦後になり、その風習はなくなたが、現在も根元の皮が削りとられた痕跡が残っている。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課 文化財保護係です。

〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る