乙姫桜【おとひめざくら】

乙姫桜

指定種別 市指定 天然記念物
指定年月日 昭和38年1月18日
所在地 白河市金屋町
所有者 妙関寺
大きさ

幹回り3.25m、高さ13m

東北本線白河駅より南西へ約700mの妙関寺の境内にある。紅しだれ桜で、樹齢は約400年と推定されている。花は濃いピンク色で花弁が美しく、白河地方に比類のない濃艶な桜のため「乙姫桜」と呼ばれている。

この桜は、仙台藩主伊達政宗(1567~1636)が桜の苗木を将軍家に献上する途中、城下で休息した際住職に所望されてその内の一本を現在地に植えていったものと伝えられている。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課 文化財保護係です。

〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る