1. ホーム>
  2. 歴史文化・スポーツ・学び>
  3. 歴史・文化財>
  4. 白河市の文化財>
  5. 市指定文化財>
  6. 重要文化財(書跡)>
  7. 源翁能照大和尚行状之記【げんのうのうしょうだいおしょうぎょうじょうのき】

源翁能照大和尚行状之記【げんのうのうしょうだいおしょうぎょうじょうのき】

源翁能照大和尚行状之記(巻頭)巻頭

 

源翁能照大和尚行状之記(巻末)巻末

 

指定種別 市指定 重要文化財(書跡)
指定年月日 昭和55年3月14日
所在地 白河市表郷中寺字屋敷
所有者 常在院
大きさ 縦33cm 長さ240cm

この行状記は源翁大和尚が応永3年(1396)正月7日に遷化し、永享元年(1429)正月15日源翁の33回忌に二代大仙碵が記したものである。漢文体で記され、師源翁大和尚の出生より仏道修業と遍歴当常在院開基、会津景徳寺及び示現寺開山さらに『那須野殺生石にまつわる金尾九尾の狐物語』等が記され71歳の示寂までの師の生涯について綿々と記述されている。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課 文化財保護係です。

〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る