国民年金

国民年金とは

国民年金は、日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満のすべての人が加入するもので、老齢・障がい・死亡に関して必要な給付を行い、健全な国民生活の維持・向上に寄与することを目的としています。

必ず加入しなければならない人

日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の人は、国籍を問わず、必ず加入しなければなりません。

  • 第1号被保険者
    自営業者・主婦(主夫)・学生・フリーター・アルバイト・無職などの第2号、第3号被保険者でない人
  • 第2号被保険者
    会社員・公務員など厚生年金に加入している人
  • 第3号被保険者
    第2号被保険者に扶養されている配偶者(夫または妻)

希望すれば加入できる人

  • 日本国外に居住する20歳以上65歳未満の日本人
  • 昭和40年4月1日以前に生まれた人で、65歳以上70歳未満の間における老齢基礎年金の受給資格を満たしていない人
  • 厚生年金、共済組合から老齢年金や退職年金を受けている60歳未満の人
  • 日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の人

国民年金の手続き

こんなとき必要なもの届出先その他
20歳になって国民年金に加入するとき

・日本年金機構から送付された届出書
・年金手帳または基礎年金番号通知書
(20歳前に交付を受けていた人のみ)
・印鑑

本庁舎国保年金課
または
各庁舎地域振興課

・20歳になったときに厚生年金に加入している人は手続き不要です。
・国民年金保険料の学生納付特例や若年者納付猶予などの申請も同時にできます。
会社をやめて厚生年金から抜けたとき ・年金手帳または基礎年金番号通知書
・退職日がわかる書類(厚生年金被保険者資格喪失証明書、雇用保険被保険者離職票など)
・年金事務所から送付された届出書
(送付された人のみ)

本庁舎国保年金課
または
各庁舎地域振興課

・同時に国民健康保険に加入する場合は併せて手続きが必要です。
会社員や公務員になって厚生年金に加入するとき

・年金手帳または基礎年金番号通知書
・会社でもらった健康保険証、または社会保険厚生年金被保険者資格取得証明書

本庁舎国保年金課
または
各庁舎地域振興課

・国民健康保険に加入していた場合は併せて手続きが必要です。
会社員や公務員の配偶者の扶養になるとき ・年金手帳など 配偶者の勤務先 ・詳しくは、配偶者の勤務先にお問い合わせください。
会社員や公務員の配偶者の扶養でなくなったとき ・年金手帳
・印鑑
・扶養でなくなった日がわかる証明書(資格喪失証明書など)

本庁舎国保年金課
または
各庁舎地域振興課

・同時に国民健康保険に加入する場合は併せて手続きが必要です。
・離婚による場合、扶養でなくなる日は離婚日です。

住所が変わったとき 年金の届出は不要です。   すでに年金を受けている方(年金受給者)は、住所変更届出を日本年金機構宛に提出してください。
氏名が変わったとき 年金の届出は不要です。   すでに年金を受けている方(年金受給者)は、氏名変更届出を日本年金機構宛に提出してください。
被保険者が死亡したとき 遺族年金、死亡一時金などの請求に必要な書類(戸籍謄本・住民票など)

本庁舎国保年金課
または
各庁舎地域振興課

 ・厚生年金に加入していた被保険者が死亡したときは、日本年金機構へお問い合わせください。
 

国民年金や年金制度について、詳しくは日本年金機構のホームページをご確認ください

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは国保年金課 長寿年金係です。

〒961-8602 福島県白河市八幡小路7-1

電話番号:0248-22-1111【内線 : 2174・2175】 ファックス番号:0248-24-5525

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る