1. ホーム>
  2. 暮らし・手続き>
  3. 上下水道>
  4. 上水道>
  5. 水道事業>
  6. 故障したときの応急手当、宅地内漏水の発見方法

故障したときの応急手当、宅地内漏水の発見方法

故障したときの応急手当

給水管や蛇口等の給水装置が故障したら、すぐに指定給水装置工事事業者に修理を依頼してください。修理にお伺いするまでの間は、次のような応急手当をしてください。

※指定給水装置工事事業者とは、白河市水道事業の給水区域で、給水装置工事を適正に施工することができると認められ、市から指定された事業者のことです。

不凍式止水栓(水抜栓)を閉める

不凍式止水栓(水抜栓)を、右に最後まで回すと宅地内の水が止まります。古い不凍式止水栓(水抜栓)には閉まりにくいものがありますが、そのようなときは無理に閉めないようにしてください。

ビニールテープ、布などを巻きつける

不凍式止水栓(水抜栓)が無く、給水管から水が吹き出しているときは、破裂した部分にビニールテープや、布などをしっかり巻きつけ、針金かひもで縛ってください。

宅地内漏水の発見方法

家中の蛇口を全部閉め、水道メーターを見ます。この時、パイロットマークが少しでも回っていれば漏水しています。 漏水を発見したら、すぐに指定給水装置工事事業者に修理を依頼してください。
なお、指定給水装置工事事業者以外は修理できません。

『パイロットマーク』の画像

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは水道課 経営係です。

〒961-0975 福島県白河市立石山1

電話番号:0248-27-3222 ファックス番号:0248-27-3223

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る