災害時の応急給水

水は、私たちが生活をしていくうえで欠かすことができません。市では、災害に備えて市民の皆さんの大切な飲料水を確保しています。

耐震性地下貯水槽

耐震性地下貯水槽は公園等の地下に埋設され、通常は水道管の一部として常に新しい水道水が循環しています。

市内の3か所に設置してあり、約3万3千人の3日分に相当する飲料水を供給することができます(生命維持に必要な水量は、1人1日3リットルと言われています)。

耐震性地下貯水槽

白河総合運動公園内(中田)
耐震性地下貯水槽

設置個所耐震性地下貯水槽容量
白河総合運動公園内(中田) 1基 100立方メートル
高山西公園内(新白河四丁目) 1基 100立方メートル
駅前東公園(大手町) 1基 100立方メートル
合計 3基 300立方メートル

地図

水道水の保存期間

水道水は、塩素で消毒をしています。塩素があるうちはほとんどの細菌は繁殖しません。
塩素はなくなりやすく、水の保存方法により塩素が減少する割合は異なりますが、密閉した容器を使用し、冷暗所で保管した場合、約3日間程度は保存できます。

メーター

耐震性地下貯水槽概要図

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは水道課 管理係です。

〒961-0975 福島県白河市立石山1

電話番号:0248-27-2541 ファックス番号:0248-27-3223

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る