1. ホーム>
  2. 子育て・健康・福祉>
  3. 高齢者福祉>
  4. 高齢者の福祉サービス一覧

高齢者の福祉サービス一覧

高齢者の福祉サービスのご案内

市では、高齢者の方々が安心して生活できるように次のサービスを行っています。ぜひご利用ください。

すべての高齢者の生活支援

白河市ふれあいパス交付 

対象者 (1)70歳以上の方
(2)身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳または療育手帳の交付を受けている方
(3)免許証を自主返納により取り消された方
内容等 こみねっと(市循環バス)・表郷地域巡回バス・大信地域自主運行バス・東地域巡回バスの運賃が無料になる「白河市ふれあいパス」を交付します。

はり、きゅう、マッサージ等施術費助成事業

対象者 (1)70歳以上の方
(2)身体障がい者手帳1級または2級の交付を受けている65歳以上の方
内容等 1回につき1,000円の助成券を年間6枚交付します。

高齢者にやさしい住まいづくり助成事業

対象者 市民税非課税世帯に属する要支援、要介護認定を受けていない65歳以上の方(1世帯1回限り)。※同居の子や配偶者が異なる世帯に属する場合には、同一世帯とみなします。
内容等 手すりの取り付け、段差の解消、洋式便器への取替え等にかかる工事費の9割に相当する額(上限15万円)を助成します。※申請は工事前に行ってください。

車いす同乗軽自動車貸出事業

対象者 自力歩行が困難な高齢者や障がい者の方の外出に付き添う方
内容等 車いすに乗ったままで乗車できる軽自動車を貸出します。
利用できる範囲は、病院や市役所等への外出等で、原則として市内および西白河郡内です。
申請の際には、運転する方の運転免許証が必要です。

高齢者サロン

対象者 地域にお住まいの概ね65歳以上の方
内容等 地域の集会所などで、月1回~2回程度、高齢の方々が集まり楽しく過ごしていただくためのサロンを開催しています。
参加を希望する方は、本庁高齢福祉課までお問い合わせください。

一人暮らしの高齢者等の生活支援と見守り

軽度生活援助事業(平成29年5月31日で終了します)

平成29年5月31日まで

  対象者    要支援・要介護認定を受けていない65歳以上の一人暮らしの方で、軽易な日常生活上の援助を要する方  ※同居者がいる場合でも、同居者が高齢者、虚弱者、年少者の場合は利用できます。
内容等 週2回、1回2時間を限度に買い物や簡単な家事のお手伝いをします。   
自己負担は、1時間あたり220円です(生活保護受給者は無料)。

介護予防生活支援サービス(平成29年6月1日より開始します)

平成29年6月1日より   対象者    (1)要支援1・2の認定を受けた方                                                (2)総合事業(*)の対象者
  内容等 週2回、1回2時間を限度に買い物や簡単な家事のお手伝いをします。                        自己負担は、1時間あたり110円(介護保険の利用者負担が2割の方は220円)です。

あったかランチお届けサービス

対象者 (1)65歳以上の一人暮らしの方で、身体の障がい等の理由により食事の用意が困難な方
(2)65歳以上の方のみの世帯で、身体の障がい等の理由により食事の用意が困難な世帯
内容等 週3回を限度に昼食の配達および安否確認を行います。自己負担は、1食300円です。

あったか訪問収集事業

対象者   (1)65歳以上の一人暮らしの方で、自力でごみを集積所に出すことが困難で身近な人の協力が得られない方
(2)身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳または療育手帳の交付を受けている40歳以上の一人暮らしの方で、自力でごみを集積所に出すことが困難で身近な人の協力が得られない方
※同居者がいる場合でも、同居者が高齢者、虚弱者、年少者の場合は利用できます。
内容等 ごみの訪問収集および安否確認を行います。

寝具乾燥事業

対象者 (1)65歳以上の一人暮らしの方で、自力で布団を干すことが困難な方
(2)要介護3・4・5の認定を受けた65歳以上の方で、寝たきりの方
内容等 月1回、1回3枚を限度に寝具類の丸洗い・乾燥を行います。1割の自己負担があります。

緊急通報システム事業

対象者  (1)65歳以上の一人暮らしの方
(2)65歳以上の寝たきりまたは認知症の高齢者を抱える高齢者世帯
(3)所得税非課税世帯の一人暮らし重度身体障がい者の方等
内容等 急病や事故等の緊急時に通報できるペンダント式の緊急通報装置(ご家庭の電話機に取付)を貸与します。所得税の課税状況により自己負担があります。

高齢者日常生活用具給付事業

対象者 65歳以上の一人暮らしの方
内容等 自動消火器・火災警報機・電磁調理器を給付します。所得税の課税状況により自己負担があります。

お元気コール

対象者 (1)70歳以上の一人暮らしの方
(2)70歳以上の方のみの世帯
内容等 高齢者相談員が電話による安否確認を行います。

あったか訪問

対象者 (1)70歳以上の一人暮らしの方
(2)75歳以上の方のみの世帯
内容等 訪問員が訪問による安否確認を行います。 ※この事業に限り、申し込みは不要です。

生きがいデイサービス事業

対象者 65歳以上の一人暮らしの方で、要支援・要介護認定を受けていない方及び総合事業(*)の対象者でない方
内容等 月に1回程度、施設でレクリエーション等を行います。
自己負担は、1回1,380円です。

介護認定を受けた方に対する市独自の支援

要介護高齢者介護激励金支給事業

対象者 要介護3・4・5の認定を受けた65歳以上の高齢者を在宅で年間180日以上介護している方
内容等 要介護3・4・5の介護者それぞれに、年額4万円、5万円、5万5千円を支給します。

要介護高齢者巡回理・美容券交付事業

対象者 要介護4・5の認定を受けた65歳以上の方で、在宅の方
内容等 ご家庭で理・美容師に散髪してもらう際に使用できる助成券(1回2,500円)を年間5枚交付します。

在宅高齢者介護用品支給事業

対象者 市民税非課税世帯に属する要介護4・5の認定を受けた65歳以上の高齢者を在宅で介護している家族の方
内容等 紙おむつ等の介護用品と引き換えできるサービス券(月1回5,000円限度)を月数分交付します。

 *総合事業とは、平成29年4月1日から開始する「介護予防・日常生活支援総合事業」で、介護保険制度の仕組みのひとつです。

お問い合わせ先

市役所
  • 本庁舎高齢福祉課
    電話番号:0248-22-1111(内線2722・2723)
  • 表郷庁舎地域振興課
    電話番号:0248-32-2114
  • 大信庁舎地域振興課
    電話番号:0248-46-2114
  • 東庁舎地域振興課
    電話番号:0248-34-2116
地域包括支援センター
  • 白河市地域包括支援センター
    電話番号:0248-21-0332
    ※担当地域は、白河市東部地域包括支援センター担当地域以外の市内全域です。
  • 白河市東部地域包括支援センター
    電話番号:0248-31-8889
    ※担当地域は、関辺小学校区、第四小学校区、小田川小学校区(豊地を除く)、五箇中学校区、表郷地域、東地域です。

『家族の輪』の画像

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは高齢福祉課 高齢者支援係です。

〒961-8602 福島県白河市八幡小路7-1

電話番号:0248-22-1111【内線 : 2722・2723】 ファックス番号:0248-23-1255

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る