町屋の二本カヤ【まちやのにほんかや】

町屋の二本カヤ【まちやのにほんかや】

指定種別 県指定 天然記念物
指定年月日 昭和44年4月11日
所在地 白河市大信町屋字道目木
所有者 個人
大きさ

西側 高さ15m 幹回り2.5m
東側 高さ13m 幹回り2.4m

大信地域の道目木地区の畑地に並んで立つ2本のカヤの大木である。

約20mの間隔をおいて、ともに独立木として自生しており、上部の枝や葉の茂り(樹冠)が広がる形のよい木である。樹勢も良く現在も実をつけている。

西側のカヤは8本の幹が分かれ、東側のカヤは6本の幹が分かれている。いずれも樹齢約1,000年と推定され、2本のカヤの大木が並立する例は極めてまれである。

字名が「道目木」であることから、このカヤが道標であったとする説、あるいは館の鬼門に植えられたなどとする諸説がある。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課 文化財保護係です。

〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る