1. ホーム>
  2. 歴史文化・スポーツ・学び>
  3. 歴史・文化財>
  4. 白河市の文化財>
  5. 県指定文化財>
  6. 重要文化財(建造物)>
  7. 松風亭蘿月庵【しょうふうていらげつあん】(附)「蘿月」の書がある水盥、「垂桜」の書がある掛軸

松風亭蘿月庵【しょうふうていらげつあん】(附)「蘿月」の書がある水盥、「垂桜」の書がある掛軸

松風亭蘿月庵(全体写真)

全体写真(北から)

垂桜

「垂桜」の掛軸

水盥

「蘿月」の水盥

指定種別 県指定 重要文化財(建造物)
指定年月日 平成6年3月31日
所在地 白河市菅生舘
所有者 南湖神社
大きさ 桁行6.07m 梁間2.96m 面積22.44m2

松風亭蘿月庵は寛政年間(1789~1801)松平定信の家臣三輪権右衛門(待月)が茶人であった父長尾仙鼠(せんそ)のために建立したものである。もとは城下南西の九番町にあったのを、松平家が桑名移封の際に、中町常盤家が譲り受け、邸内に移した後、一時は西白河郡役所の所有に帰したが、大正12年郡制廃止により南湖神社に寄贈され、大正13年(1924)5月現在地に移築された。

現況は、東向きの妻入りで桁行(けたゆき)3間余(5.64m)梁間(はりま)1間半余(2.92m)の入母屋造り、茅葺きとなっている。二畳台目の使用などいわゆる道安好みを基調としている。

定信はこの茶室を好んでたびたび使ったらしく、享和2年(1802)8月のある日「水盥」(みずたらい)に「蘿月(蔦の葉の間に見える月)」の二字を書き、その裏面には「壬戌(じんじゅつ)秋八月 ここに来りてこれを書すことに蚯蚓(みみず)の如し 人の笑はんことを そこの月 たが笑ふともおけやおけ 定信」と書いたので、この茶室を「蘿月」庵と名付けられた。

「垂桜」の掛軸は、寛政7年(1795)2月23日に定信が茶筅で書いたものといわれている。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課 文化財保護係です。

〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る