銅製雲板【どうせいうんばん】

銅製雲板

指定種別 県指定 重要文化財(工芸品)
指定年月日 昭和28年10月1日
所在地 白河市表郷番沢字原
所有者 峰全院
大きさ 縦43cm、幅39.2cm 撞座直径7.7cm

幅39.2cm、縦43cm。中央に径7.7cmの復弁蓮華の撞座があり、一時火災にあったらしく、左右の尖端を欠いている。

撞座の左右に次の銘文がある。「奥州白川之庄小峰集雲山峰全院応仁亥(1467)八月吉日大工弥次郎」裏に「禅格建立之」と刻まれている。

峰全院は、中世には小峰城付近の中ノ沢に所在した曹洞宗の寺院である。本雲板は、室町時代の白河における不足している史実を補うことができる好資料である。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課 文化財保護係です。

〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る