1. ホーム>
  2. 歴史文化・スポーツ・学び>
  3. 歴史・文化財>
  4. 白河市の文化財>
  5. 県指定文化財>
  6. 重要文化財(絵画)>
  7. 紙本著色源翁和尚行状縁起【しほんちゃくしょくげんのうおしょうぎょうじょうえんぎ】

紙本著色源翁和尚行状縁起【しほんちゃくしょくげんのうおしょうぎょうじょうえんぎ】

源翁和尚

那須野が原を逃げる九尾の狐

指定種別 県指定 重要文化財(絵画)
指定年月日 昭和45年4月24日
所在地 白河市表郷中寺字屋敷
所有者 常在院
大きさ

幅33cm
長さ上巻15.7m、中巻12.9m、下巻15.2m

表郷地域に所在する常在院(曹洞宗)を開基した源翁和尚の「殺生石」の伝説を描いた、三巻からなる詞・絵各二十一段の縁起絵巻である。

源翁和尚は下野国(栃木県)の那須野が原で退治された九尾の狐が殺生石となり、その怨念が毒気によって近づく人間や獣を殺していたので、この石を教化したという伝説をもつ僧侶で、永和2(南朝天授2)年(1376)に常在院を開基、応永3年(1396)正月7日に亡くなったと伝えられる。

鳥羽上皇の寵愛を受けた美女「玉藻前」は九尾の狐が化けた姿であり、上皇を呪い殺そうとしていたのを退治する物語「玉藻前物語」が中心であるが、下巻の巻末部分に源翁和尚の殺生石教化で結んでいることから「源翁和尚行状縁起」という名称となっている。

常在院の伝承によれば、源翁和尚の33回忌を記念して制作されたとするが、絵巻の描写・技法からみると室町時代末期のころと推定され、装飾性の強い濃彩の画風は、当時の土佐派の影響を受けた絵師によるものと考えられる。

縁起絵巻は、毎年8月7日に御開帳されている。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課 文化財保護係です。

〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る