鍍金装笈【ときんそうおい】

鍍金装笈

指定種別 国認定 重要美術品(工芸品)
認定年月日 昭和14年2月22日
所在地 白河市金屋町
所有者・管理者 龍蔵寺
大きさ 高さ75.8cm 幅53.1cm

本笈は、真言宗龍蔵寺の末寺である慈久山密蔵院法雲寺(明治6年廃寺)に伝来したものである。

笈とは、諸国巡礼の行脚僧・修験者などが本尊・仏具・経本などを入れ、背負う箱である。この笈は大型の箱笈で、全体に金銅板(鍍金)が貼り付けてあり、装飾的な文様が彫られているものである。現状では脚部は切り取られている。

正面は框(かまち)によって五段に分けられており、上から山形、袋戸、観音扉部、ケンドン板部、腰嵌(は)めの部分からなっている。山形には連山を背景に烏天狗・不動・将軍地蔵・毘沙門・龍樹菩薩が表されている。袋戸には役行者(えんのぎょうじゃ)を中心に両側に幡(はた)を持つ天狗と童子を表わす。観音扉部には小脇板に梅・藤に鳥を配し、扉部両側には五重塔を表す。五重塔の内部には胎蔵界・金剛界の種子を彫り、塔の右側に「常州住 筑波山」、左側に「快智上人 慶長六今月日」の刻銘がある。蝶番金具は牡丹文。ケンドン板は蓮池水禽(れんちすいきん)の文様とし、腰嵌めには三つの宝珠を中心に波・貝・双龍を表している。帖木(ちょうぎ)は上が倶利伽藍(くりから)、下部は欠損している。観音扉内部には虚空蔵・文殊など三菩薩及び二天が納められている。

慶長6年(1601)の銘を持つこの笈は桃山時代の基準作例として貴重である。法雲寺は銘文に刻された快智上人が慶長年間に中興したとの由緒を持っている。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課 文化財保護係です。

〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る