銅鐘(龍蔵寺)【どうしょう(りゅうぞうじ)】

銅鐘

指定種別 国認定 重要美術品(工芸品)
認定年月日 昭和18年10月1日
所在地 白河市年貢町
所有者・管理者 龍蔵寺
大きさ 総高135.5cm 口径93.0cm

白河城下の真言宗寺院である雨宝山龍蔵寺に伝来する銅鐘である。龍蔵寺は、門末寺院が37か寺程あった壇林寺(修行僧の学問所)であるとともに、当山派修験の袈裟頭(けさかしら)・触頭(ふれがしら)でもあった。

本銅鐘は、元禄4年(1691)に白河城主松平(奥平)忠弘が大壇那として寄進したもので、鋳物師は太田重久他2名である。乳(ち)の間(ま)に乳がなく替わって蓮台上に胎蔵界五仏の種子があり、池の間には百字真言が記されている。撞座(つきざ)は五個あり金剛界五仏の種子が複弁八葉蓮華の円内に表され、下帯には輪宝と法螺貝が交互に配されている。さらに、池の間には銘文があり、大檀那の松平忠弘、町奉行、町年寄、名主、鋳物師等の名前が記されている。これらは全て陽鋳されている。

乳の間に乳がないのが最大の特徴であり、古来より「奥州白河いぼなしの鐘」として知られている。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課 文化財保護係です。

〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る