銅鐘(満願寺)【どうしょう(まんがんじ)】

指定種別 国認定 重要美術品(工芸品)
認定年月日 昭和19年7月6日
所在地 白河市関辺関山
所有者・管理者 満願寺
大きさ 総高135cm 口径106cm

白河市街地の南東にある標高619mの関山頂上に所在する成就山満願寺に伝来する銅鐘である。満願寺は、天平勝宝年間(749~757)に聖武天皇が光明皇后の追善と万民のために1寸6分の聖観音を安置した聖武天皇勅願の寺と伝わる。開基を行基とする。しかし、昭和20年の火災により伽藍並びに寺宝の一部が焼失している。

銅鐘は、寛文4年(1664)に白河城主本多忠平が寄進したもので、鋳物師は江戸椎名兵庫守藤原吉綱とその弟子の椎名半右衛門尉正重・太田重兵衛尉正信である。乳の間は5段5列で、池の間には4区のすべてに「奥州白河荘成就山満願寺鐘銘並序」と題した銘文が刻まれている。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課 文化財保護係です。

〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る