小峰城跡【こみねじょうあと】

小峰城跡(南から)

小峰城跡(南から)

小峰城跡2018

小峰城跡三重櫓・前御門(南東から)

指定種別 国指定 史跡
指定年月日

平成22年8月5日

(追加指定)

平成24年9月19日
平成26年3月18日

所在地 白河市郭内
所有者・管理者 白河市ほか

東北本線白河駅の北側約500mのところに位置し、小峰ヶ岡と呼ばれる標高370mの東西に細長い(長さ約450m、幅約80m)独立丘陵を利用して築城した梯郭式(ていかくしき)の平山城(ひらやまじろ)である。本丸は、この丘陵の西端に位置し周辺の低地との高低差は25~30mほどある。

史跡として指定されているのは本丸および二の丸の一部約162,859.4平方メートルであるが、当時の城郭の範囲は約540,000平方メートルの規模と推定されている。

小峰城は、南北朝期の興国・正平年間(1340~1369)に、結城宗広の嫡子親朝(小峰氏を創設)がこの丘陵に城を築いたのが始まりで、その後永正年間(1504~1520)頃には白河結城氏の本城となったと推定される。

天正年間には常陸佐竹氏の影響下におかれ、その後天正18年(1590)豊臣秀吉により所領を没収されて、結城氏による白河地方の支配は終った。

その後、蒲生氏、上杉氏など会津藩の領地となり、城代が当城におかれた。蒲生秀行の時代には城下の整備もなされたとされている。現在にその名残をとどめる近世城郭は、寛永4年(1627)に10万石余で棚倉より入封した丹羽長重が、幕命を受け寛永6年(1629)より大改修を行い、同9年完成させたものである。

丹羽氏以後、松平(榊原)、本多、松平(奥平)、松平(結城)、松平(久松)、阿部氏と7家21代にわたる居城となっていたが、慶応2年(1866)阿部氏の棚倉移封後は、二本松藩丹羽氏の預かるところとなり、慶応4年(1868)の戊辰戦争白河口の戦いにより落城焼失した。

城郭の縄張りをみると、丘陵の頂部に本丸を設け、本丸より東側、南側にむけて二の丸、三の丸、外曲輪を設け、曲輪の周囲には石垣・土塁そして大小の堀を巡らし、南に大手門、北に尾廻門(搦手門)、東に田町門・横町門、西に会津門・道場門を設置して、町屋と区別した。本丸北側は、土手を築き阿武隈川の流れを北側にかえ、その旧河道の一部は外掘としての機能をもたせるとともに、内堀、石垣を配して二重・三重の構えを備えた。全体的にはやや不整な五角形をした城郭である。

現在は、本丸周辺部の石垣及び堀の一部が残存しているだけであるが、近年実施されている発掘調査において、大手門、会津門、道場門、三の丸門、太鼓門、藤門などの門跡の位置が特定され、また武家屋敷の内容についても明らかになりつつある。

平成3年には三重櫓、平成6年には前御門が史実に忠実に復元され、往時の姿を偲ばせている。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課 文化財保護係です。

〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る