1. ホーム>
  2. 教育・歴史文化・スポーツ・学び>
  3. 歴史・文化財>
  4. 白河市の文化財>
  5. 市指定文化財>
  6. 史跡・名勝>
  7. 白河藩大名家墓所【しらかわはんだいみょうけぼしょ】

白河藩大名家墓所【しらかわはんだいみょうけぼしょ】

指定種別 市指定 史跡
指定年月日 昭和39年3月6日
(追加指定・名称変更) 平成22年6月24日
(追加指定) 平成28年11月18日
所在地 白河市円明寺ほか
所有者 白河市ほか
面積 51,394.9m2

東北本線白河駅より南へ約1.5kmのところに位置する。

円明寺の地に存在する通称「小南湖」と呼ばれる一帯は、江戸時代に白河藩歴代藩主の菩提寺などが置かれた場所である。

丹羽長重墓【にわながしげぼ】

丹羽長重は、織田信長の重臣丹羽長秀の嫡子である。関ヶ原合戦の際、徳川方の前田家と争ったために改易されたが、のちに大名として再興した。寛永4年(1627)に白河藩10万石余を与えられ初代白河藩主となり、小峰城の改築・城下町の整備を行った。同14年(1637)閏3月4日、江戸の屋敷で死去。享年67。墓は白河石で造られた宝篋印塔である。

丹羽長重墓

丹羽長重墓

松平清照墓【まつだいらきよてるぼ】

松平(奥平)清照は、幼名を鶴千代といい、主税と称した。藩主松平忠弘の嫡子であったが、病弱のため廃嫡され、貞享3年(1686)死去。享年35。法名「涼雲院殿南峰道薫居士」。子の忠雅が家督を相続している。墓は白河石で作られた五輪塔である。

松平清照墓

松平清照墓

松平直矩墓【まつだいらなおのりぼ】

松平(結城)直矩は徳川家康の次男結城秀康の孫で、7歳で姫路藩主となるが、幼少のため越後村上藩に移され、その後姫路、豊後日田、山形と転封を重ねている。元禄5年(1692)に山形から白河に移り、同8年4月、江戸で没した。享年54。法名「天祐院殿鐡船道駕大居士」。遺骸は荼毘に付されて白河に送られ、現在地に葬られた。墓は白河石で作られた五輪塔である。

松平直矩墓

松平直矩墓

松平基知墓【まつだいらもとちかぼ】

基知は父松平直矩の後を継いで元禄8年(1695)に藩主となり、享保14年(1729)8月に江戸で没した。享年51。法名「仰高院殿實相英賢居士」。遺骸は備前の大甕に納められて白河に運ばれ、現在地に葬られた。墓は白河石で作られた五輪塔である。 

松平基知墓

松平基知墓

地図を見る:小南湖

※別ウィンドウで地図が表示されます。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課 文化財保護係です。

〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る