1. ホーム>
  2. 教育・歴史文化・スポーツ・学び>
  3. 歴史・文化財>
  4. 白河市の文化財>
  5. 市指定文化財>
  6. 重要文化財(考古資料)>
  7. 道目木遺跡出土墨書土器一括【どうめきいせきしゅつどぼくしょどきいっかつ】

道目木遺跡出土墨書土器一括【どうめきいせきしゅつどぼくしょどきいっかつ】

道目木遺跡

指定種別 市指定 重要文化財(考古資料)
指定年月日 平成14年4月1日
所在地 白河市中田(白河市歴史民俗資料館保管)
所有者 白河市

遺跡は白河市役所大信庁舎から北西へ約300mのところにあったが、現在は、「田園町府ニュータウン」として造成され、住宅地になっている。平成3年、この宅地造成に伴い発掘調査され、古墳時代後期から平安時代までの遺構・遺物が多数見つかっている。

一般的に墨書は、官庁・寺院などの所属を表示したもの、所有者・使用目的の表示や落書き的なもの、記号などが記されるが、道目木遺跡出土の墨書土器は20点あり、「金」「生」「工」「太」「黒」などの墨書が見られる。なかには漆紙が土器内部に張付いた状態で見つかったものもある。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課 文化財保護係です。

〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る