阿弥陀前供養塔【あみだまえくようとう】

阿弥陀前供養塔

指定種別 市指定 重要文化財(考古資料)
指定年月日 平成8年3月29日
所在地 白河市大阿弥陀前
所有者 個人
大きさ 高さ170cm 幅85cm 厚さ44cm

東北本線白河駅から約4kmほど東側へ行った丘陵斜面にある。

この石塔は、白河地方に産出する安山岩質凝灰岩に、阿弥陀如来が来迎する像を線刻した供養塔である。

碑面には、長方形の輪郭内に、左向きの阿弥陀如来一尊像が、雲の上の蓮台に立ち、頭光は円相光、三条の迎攝光を左下方に放つ形状を線彫りしている。

また、造立の趣旨、紀年、施主名などの銘は、剥落(はくらく)しており定かではないが、紀年銘については、「延」の字が認められるので、鎌倉時代末の「延慶」(1308~1311年)と考察されている。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課 文化財保護係です。

〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る