建長の板碑【けんちょうのいたび】

建長の板碑【けんちょうのいたび】

指定種別 市指定 重要文化財(考古資料)
指定年月日 昭和62年4月1日
所在地 白河市大信中新城字入塩沢
所有者 個人
大きさ 地上高185cm 最大幅68cm 最大厚40cm 

板碑は石造の供養塔婆で、塔身の上部に梵字の種字や仏像を本尊として表し、下部の中央に年紀、左右に願文・偈文・願主名などを刻んだものである。死者の菩提のためや逆修(生前に死後の往生菩提のため善根功徳をすること)のために造立された。

この板碑は凝灰岩で造られ、頭部は三角形で、二条の切込線が正面・左右にあり、その下に額部がある。また、顎の深さ16cm、身部の高さは127cmで、この上半部に種字(ア、胎蔵界大日如来)が大きく薬研彫りされている。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課 文化財保護係です。

〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る