1. ホーム>
  2. 教育・歴史文化・スポーツ・学び>
  3. 歴史・文化財>
  4. 白河市の文化財>
  5. 市指定文化財>
  6. 重要文化財(工芸品)>
  7. 木造扁額 鬼子母神【もくぞうへんがく きしぼじん】(附)楽翁染筆「鬼子母神」

教育・歴史文化・スポーツ・学び

木造扁額 鬼子母神【もくぞうへんがく きしぼじん】(附)楽翁染筆「鬼子母神」

木造扁額 鬼子母神

指定種別 市指定 重要文化財(工芸品)
指定年月日 平成4年1月27日
所在地 白河市金屋町
所有者 妙関寺
大きさ 縦60.5cm、横122.0cm

縁飾りは四方に12個の宝珠が筋彫りされている。額の表面に「鬼子母神」と高山彫りされ、額字と縁飾りの宝珠には金箔が施されている。裏面には「文化九年 楽翁書」と筋彫りされ、黒漆が塗られている。材質は欅の一枚板。墨書銘にあるように松平定信の文化9年(1812)の染筆による額字である。

」の字画は、佛の教えにより「鬼」が改心して慈母神となったので、角(「鬼」字の1画目の「’」)を取って書かれ、また龍尾が上にくねり上がっている。求児、安産、夫婦和合などの祈願を叶える信仰の対象である。

なお、同寺には、この扁額の染筆も所蔵されている。

※指定名称は、正確には「鬼」字の1画目の「’」を取った字ですが、画面上では表示できないため通常の「鬼」の字を使用しています。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財課 文化財保護係です。

〒961-0053 福島県白河市中田7-1(白河市歴史民俗資料館内)

電話番号:0248-27-2310 ファックス番号:0248-27-2256

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

白河市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る